NEW

女性管理職、自ら希望は1割、昇進希望は5割以下…職場に「休めない」空気、根強く

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
同僚に指示を出す女性
同僚に指示を出す女性(GettyImagesより)

 人材サービス大手Adecco Groupの日本法人Adecco Group Japan(東京都千代田区)は8日、課長職相当以上の管理職女性を対象に実施したアンケート調査『昇進の動機や管理職としてのキャリアに関する意識調査』の結果を公表した。回答を得た女性管理職1065人のうち管理職への登用を自ら希望した人は1割にとどまり、「さらに昇進・昇格を希望する人」は半数以下だったという。

 調査は2021年12月28~29日にインターネット上で実施。同日の“国際女性デー”に合わせて企画した。同社広報部によると「調査対象者1065人全員から回答を得た」という。

 調査結果によると、「管理職(課⻑相当以上)に昇進したきっかけ」では、「上司からの打診があり、快諾した」が 58.7%で最も多く、次いで「上司からの打診があり、仕⽅なく引き受けた」が25.5%と多かった。

「⾃⾝の希望(⾃発的)」で昇進した人は全体の11.9%に留まった。同社が2018年に実施した同じ設問の調査(550人が回答)と同様の結果だったが、自発的に昇進した人は2.1ポイント増加したという。

 管理職になるにあたって重視したこととして、「仕事のやりがい」(55.3%)、「給与」(50.9%)、「ワークライフバランス」(34.8%)のポイントが増加した。

「さらに昇進したくない」51.4%

 一方で、今後さらに昇進を希望する⼈は48.6%にとどまり、18 年調査比で 5.8 ポイント減少した。「昇進・昇格したくない」と回答した547人を対象に、その理由を聞いたところ、最も多かったのは「ストレスが増えるから」(56.5%)、次いで「現在の職務で満⾜しているから」(41.5%)、「⾃分には向いていないから」(40.0%)の順となったという。

「昇進・昇格に挑戦したい」と回答した518名を対象にその理由を調査したところ「給与アップ」(47.9%)を挙げる⼈が最も多く、「⼥性が活躍できる職場にしたい」(36.5%)、「もっと大きな裁量をもちたい(31.9%)」、「⼥性管理職としてのロールモデルになりたい」(31.3%)といった回答が目立ったという。

 また管理職になる⼥性を増やすために必要なことについて聞いたところ、「⼦育て・介護等と仕事の両⽴⽀援」(43.8%)が最も多く、続いて「管理職の役割やあり⽅の⾒直し」(35.1%)、「職場の理解促進」(34.6%)という結果になったという。

RANKING

23:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合