NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

オーケストラで使う指揮台、驚異的に高額なワケ…指揮者だけが見られる至極の景色

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】, ,
オーケストラで使う指揮台、驚異的に高額なワケ
手すりの付いた指揮台(写真の指揮者はヘンリー・ウッド/「Getty Images」より)

「指揮台に立つと、どんな感じですか?」

 このように聞かれることがよくありますが、これは読者の皆様も興味があるのではないかと思います。ちなみに、言うまでもなく、指揮台に立つ人物とは指揮者のことです。

 リハーサルが始まる前に、オーケストラの楽員から選ばれたインスペクターが、「今日のリハーサルは、ベートーヴェンの交響曲から始まり、序曲、そして最後に協奏曲です」と確認したり、事務局員が「明日の巡回コンサートでは、お弁当が用意されています」などとオーケストラの前に立って伝達事項を伝えたりしますが、彼らがオーケストラの真っ正面に置かれている指揮台の上に立つことはありません。

 指揮者の僕にとって指揮台は“仕事のための台”くらいの認識ですが、オーケストラの楽員も含めて、その上に立つ人物は指揮者以外にいないのです。

 もちろん、舞台セッティング作業では、ステージマネージャーが指揮台の上に立って指揮者の譜面台の高さ調整等をすることもありますが、それはオーケストラがいない準備作業の時間です。通常は「ここは立ってはいけない場所」だと思われているのか、楽員が舞台の右から左に移動する場合に、指揮台の上を歩けば最短距離であっても、指揮台には上がらず回り込んで移動することがほとんどです。

 そんな指揮台の上に立つとどんな感じかといえば、すべての楽員の目がこちらを向いています。「なんだ、そんなことか」と拍子抜けされるかもしれませんが、例えば、学校の授業で先生が話をしていたり、会社の大規模会議等で重要な人物が発言しているときであっても、何人かは下に向いていたり、天井を仰ぎながら目をつぶって聞いていたり、メモを取ったりしていて、全員の目が自分に向いていることなど、あまりないと思います。しかも、全員が固唾を飲むように真剣に見つめていることなど、なかなかないのではないでしょうか。そういうシチュエーションを毎回、経験しているのが指揮者です。

 その瞬間は、コンサートの最初から早速訪れます。ステージに指揮者が登場し、観客にお辞儀をしたあとオーケストラのほうに体を向け指揮棒を構えた時には、楽員全員が瞬きもせずに指揮者を見つめています。

 彼らは曲の始まりの合図を待っているのです。もちろん、一部の楽器のみから始まる曲もあるので、そういう場合には全員の目がこちらに向いているというわけではありませんが、オーケストラ全員が指揮者をしっかりと見つめ、曲の始まりを待っている瞬間は、時には100名近い人間の視線を指揮者は浴びるという、日常生活ではなかなか経験しない状況となります。

 楽員にとっても真剣そのものです。もし指揮者の指揮よりも早く音を出してしまったとしたら、その一人だけの音がホール中に響き渡りますし、遅く出たとしても周りの楽員たちの厳しい目線を浴びることとなるからです。

RANKING

17:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合