NEW

江崎グリコ、40年ぶりに社長交代、40代の長男が世襲…幹部社員の退職が相次ぐ

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
江崎グリコ、40年ぶりに社長交代、40代の長男が世襲…幹部社員の退職が相次ぐの画像1
大阪・道頓堀の江崎グリコの看板(「gettyimages」より)

 江崎グリコは3月24日に開催した定時株主総会で江崎勝久社長(80)の長男、江崎悦朗代表取締役専務執行役員(49)が社長に就任し、勝久社長は代表権のある会長に就いた。今年2月11日、創立100周年を迎えたのを機に世代交代する。社長交代は実に40年ぶりのことだ。

 江崎グリコは創業から2世紀目に突入し、創業者、江崎利一氏のひ孫にあたる悦朗社長の時代を迎えた。悦朗氏は兵庫県出身。1995年3月、慶應義塾大学総合政策学部卒。サントリーなどでの武者修行を経て、2004年4月、江崎グリコに入社した。08年に取締役、10年に常務執行役員に昇進。マーケティング本部長として販売政策を指揮。16年、代表取締役になった。海外事業を統括する子会社の社長も務めてきた。

勝久会長はグリコ・森永事件の当事者

 創業者の孫にあたる勝久氏は、実父が若くして亡くなったため、祖父・利一氏の手で育てられた。神戸大学経営学部卒業、利一氏が長年にわたり公私ともに親交があった松下幸之助氏の松下電器産業(現パナソニック)で実務経験を積み、1966年、江崎グリコに入社。82年、社長の椅子に座った。

 84年3月、勝久氏が目出し帽を被った3人組の男たちに自宅から連れ去られるという“誘拐事件”が発生した。日本列島を震撼させたグリコ・森永事件の始まりである。犯人グループは10億円と金塊100キロを要求する脅迫状を送りつけたが、誘拐された勝久氏は自力で脱出。事件は一気に解決に向かうものと思われた。

 ところが、犯人グループは「かい人21面相」と名乗り、グリコだけでなく森永製菓、ハウス食品(現ハウス食品グループ本社)など食品メーカーを次々に脅迫。「どくいりきけん たべたらしぬで」と書いた青酸入りの菓子を店頭に置くなどした。

 グリコ・森永事件は「劇場型犯罪」の走りといわれた。延べ130万人もの警察官が投入されたが2000年2月、全面時効が成立した。真犯人をめぐって、さまざまな説が取り沙汰されたが、そのどれもが確証を得るに至らず、事件は迷宮入りとなった。

 勝久氏は海外に積極的に進出した。ポッキーなどの主力ブランドをテコに米国や中国で事業を拡大した。2010年代以降はインドネシア、ベトナム、マレーシアなど東南アジアに進出。近年は創業理念である健康分野での大型商品の育成・強化に取り組み、菓子メーカーから健康企業へ転身を図ってきた。

 一方、悦朗氏は東南アジアの子会社社長を務めるかたわら、グローバルマーケティングを担当。健康を前面に押し出す戦略を取った。19年に3月期決算から12月に決算期を変更した。21年12月期を最終年度とする中期経営計画では「連結営業利益300億円以上」という目標を掲げた。勝久氏はこの達成を花道に社長を交代するシナリオを描いていたとされる。

RANKING

23:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合