NEW

MARCH・関関同立は学力上位1割の難関大学?親の「頑張れば入れる」という誤解

文=A4studio
【この記事のキーワード】, ,
MARCH・関関同立は学力上位1割の難関大学?親の「頑張れば入れる」という誤解の画像1
青山学院大学(「Wikipedia」より

 2月24日にとあるTwitterユーザーがつぶやいたツイートが話題を呼んでいる。その内容は、大学受験生を子に持つという投稿者の友人が、MARCH関関同立ラインなら多少勉強をすれば比較的ラクに入学させられると思っていたが、実際は非常にハードルが高いことを実感した、というものだった。

 このツイートには多くの反響が寄せられ、そのなかには「MARCH・関関同立レベルまでいくと各世代の上位1割くらいになるらしい」「1クラス40人中の4人までしか入れない狭き門なんだよなぁ」という声も目立った。

 MARCHといえば、関東地方にキャンパスを構え、比較的同程度の偏差値とされる私立大学の明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学の頭文字をつなげた造語。また、関関同立といえば関西地方にキャンパスを構え、比較的同程度の偏差値とされる私立大学の関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学の頭文字をつなげた造語である。

 東京大学や京都大学をはじめとする旧帝大系の国立大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学などの難関大学に比べると、MARCHや関関同立は難易度が下がる“準難関大学”というイメージが強いが、そんな準難関でも同世代の学力上位1割に入っていなければいけないということに、驚いた人が少なくなかったようだ。

 そこで今回は、教育問題や受験問題の実情に詳しい大学ジャーナリストの石渡嶺司氏に話を聞いた。

準難関大学に入れるのはクラス40人のうちたった4人?

 まず、MARCHや関関同立に入れる人は同世代の上位1割に入るという意見は、実情に即しているのだろうか。

「大きく外れてはいないと思います。世間でMARCH、関関同立ラインの大学は、早慶以上の難関大学よりは下の難易度という認識が一般的でしょう。実際のところ2000年代以前であれば、準難関大学というイメージは実情とさほどかけ離れてはいなかったかもしれませんが、2010年代になると大学受験に詳しい人々の間では、早慶ほどではないにせよ難関大学であることは間違いない、という認識に変化してきているんです」(石渡氏)

 だが、MARCHや関関同立に限らず、少子化が加速する現在においては、倍率が下がるため大学の難易度は上がらないのでは、という疑問が浮かぶ。それにもかかわらず難易度が上がっているというのはどういうことなのか。

「シンプルに志願者数が増えているからです。文部科学省が出している『学校基本調査』の値を見比べてみると、2004年にMARCHの志願者数の合計が約32万人だったのに対し、19年には約34万人と増えています。同様に関関同立も04年が約24万人でしたが、19年には約28万人と増加。少子化が進み世代ごとの人口は年々減っているのに、MARCHや関関同立の志願者数は増えていますので、それだけ人気が右肩上がりだということがわかるでしょう。

RANKING

23:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合