NEW

なぜ横浜ゴムの株の売買高は突然2倍に爆増?海外M&Aがことごとく成功

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
なぜ横浜ゴムの株の売買高は突然2倍に爆増?海外M&Aがことごとく成功の画像1
横浜ゴムのHPより

 東京証券取引所の市場再編に伴い、4月1日が東証1部銘柄の最終取引日となったが、横浜ゴム株の終値は前日比40円(2%)高の1732円。売買高はほぼ倍増した。北欧の農機タイヤ会社を買収することを好感した買い物が入った。農業用タイヤのスウェーデン、トレルボルグ・ホイール・システムズ(TWS)を2672億円で手に入れる。横浜ゴムにとって過去最大の買い物だ。

 TWSの親会社でシーリング材などを扱うトレルボルグから全株を取得する。欧州連合(EU)など各国の競争法に基づいて手続きを進め、22年下期(7~12月)をメドに買収を完了したいとしている。生産しているのは農業機械用タイヤが6割、フォークリフトなど産業車両用が2割。21年12月期の売上高は9億9300万ユーロ(約1290億円)、営業利益は1億2000万ユーロ(約156億円)。

 横浜ゴムは16年7月、オランダの農業機械用タイヤメーカー、アライアンス・タイヤ・グループ(ATG)の全株式を米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)などから取得した。買収額は1332億円だった。ATGは農機用や建設機械用、林業機械用のタイヤを中心に製造し、欧州や北米など120カ国以上で販売している。

 ATGに続く大型買収がTWSだ。「農機用のラインアップが増え、コスト競争力を強化できる」。3月25日、オンラインで記者会見した山石昌孝社長はこう述べた。TWSのM&Aで、横浜ゴムの農機タイヤ部門の事業規模は拡大する。世界的な人口増で食糧の需要が高まっている。農機やそれに使用するタイヤは今後も伸びると期待できる。

 一方、自動車用のシーリング材や接着剤などを扱うハマタイト事業を21年11月、スイスの化学メーカーSika(シーカ)に売却した。21年10~12月期に売却益(税引き後)を50億円計上した。ハマタイト事業の20年12月期の事業売上高は195億円、営業利益は9億円あげており、お荷物ではない。経営資源を集中するため、ハマタイト事業は売却した。

 21年2月に発表した中期経営計画で非タイヤ部門の油圧ホースや自動車配管を成長の柱に据えるポートフォリオを掲げた。

農機用タイヤ事業が業績に寄与

 21年12月期の連結決算(国際会計基準)は、売上高にあたる売上収益が20年12月期比22%増の6708億円、事業利益は73%増の621億円。純利益は2.5倍の655億円と過去最高となった。本社ビル(東京・港区)の売却など固定資産売却益を208億円計上したことが寄与した。本社は今年3月、ゴム製品をつくる平塚製造所(神奈川平塚市)に移転した。

RANKING

11:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合