NEW
藤和彦「日本と世界の先を読む」

米国がウクライナに供与した兵器、武装勢力に渡る懸念…アルカイダの二の舞

文=藤和彦/経済産業研究所コンサルティングフェロー
【この記事のキーワード】, ,
米国がウクライナに供与した兵器、武装勢力に渡る懸念…アルカイダの二の舞の画像1
ウクライナのHPより

 北大西洋条約機構(NATO)は5月15日にドイツのベルリンで外相会合を開催し、ウクライナへの無制限の軍事支援を約束した。NATOのなかで突出して軍事支援に熱心なのは米国だ。米国はロシアの侵攻以来、ウクライナに対して同国の2020年の国防費の6割近くに相当する34億ドルの軍事支援をすでに行っている。大量の兵器がウクライナに供給されていることから、米国内では「米軍の兵器の在庫が不足し、他の同盟国への支援ができなくなっている」との批判が出ているほどだ。

 米国の軍事支援の規模は近年に行われたなかで最大となっているが、驚くべきは提供されている兵器の中身だ。ロシアの緒戦の侵攻を食い止めるのに役立ったとされる地対空ミサイル「スティンガー」は1400基、携行型の対戦車ミサイル「ジャベリン」は5500基に上る。ハイテク兵器の代表格といえる無人機も大量に投入されることになっている。自爆攻撃機能がある無人機「スイッチブレード」は700機以上、新型無人機「フェニックスゴースト」は121機以上だ。

ハイテク兵器の巨大なブラックホール

「米国の追加の軍事支援によりロシア軍の第2段階の軍事作戦を抑制し、ウクライナ軍は今後反転攻勢に転じることができる」との期待が高まる一方、頭の痛い問題も浮上している。ウクライナに供与されている大量の兵器を管理する方法がなく、これらの兵器が別の勢力の手に渡ってしまうことが懸念視され始めているのだ。

 米国からの軍事支援はウクライナ側が提供する情報をもとに行われている。ウクライナ側はより多くの支援を得るため、正確な情報を提示していない可能性が指摘されているが、ウクライナ軍についての情報が不足している米軍には打つ手がない。米国から提供される兵器はトラックなどに載せられ、ポーランドとの国境でウクライナ軍に引き渡され、その後、兵器がどこに行き、どこに配備されるかはウクライナ軍が決めることになっているのが実情だ。

 ウクライナに米軍が配備されていないことから、兵器の移動や使用法についての監視・監督はなされていない。米国防総省高官も「ウクライナ軍の兵器管理は短期的には信頼できるかもしれないが、紛争が長期化すればその信頼性はゼロに近づくことになる」ことを認めている(4月18日付CNN)。ウクライナはロシアの侵攻以前から、世界の不安定な地域へ兵器が横流しされる「グレーゾーン」として知られていた。国際NGO「汚職・組織犯罪研究センター」は2017年、「米国をはじめ西側諸国の兵器がウクライナを経由してアフリカ諸国の武装勢力に流れている」ことを明らかにしている。ロシアのウクライナ侵攻から3ヶ月近くになるが、「スティンガーやジャベリンは既に闇市場に出回っている」と軍事専門家は指摘する。

 だが、米国政府は兵器が「横流し」されるリスクに目をつぶり、ウクライナ軍の増強を最優先していることから、ウクライナが「ハイテク兵器の巨大なブラックホール」になってしまうのは確実な情勢だ。

RANKING

11:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合