NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

音楽家は一度でも遅刻をしたら干される?意外と重宝する黒のガムテープ

文=篠﨑靖男/指揮者、桐朋学園大学音楽学部非常勤講師
【この記事のキーワード】, , ,
音楽家は一度でも遅刻をしたら干される?
「Getty Images」より

 実業家の「ひろゆき」こと西村博之氏が「遅刻に怒るような人とは仕事しないほうがいい」「遅刻に起こる人は能力値が低い」などと言って大炎上していますが、彼の本意は“成果で判断すればいい”ということだと思います。

 一方、オーケストラの場合は、全員が集って“よーいどん”でリハーサルを始め、全体で音楽をつくり上げるので、一人でも遅刻したら大問題です。とはいえ、指揮者やソリストのなかには遅刻魔が結構いて、彼らがいないことにはオーケストラもリハーサルをできないので、長い時間、楽員は待たせられたりすることもあります。

 その後、遅刻した指揮者やソリストが何食わぬ顔をしてやってきて、そんなことを忘れさせるようなすばらしい演奏という成果を出したりするので、ひろゆき氏のような成果優先の天才型はいないわけではありません。しかし、そんな指揮者やソリストが来日した場合には、厳しい顔をしたマネージャーがそれこそ24時間見張っているような緊迫した状況になるのです。基本的に遅刻は御法度の世界、それが音楽界です。

 しかも、自分だけが御法度を守ればいいというわけではなく、自分が紹介した音楽家の失態の責任も取らなくてはいけないこともよくあるのが、日本の厳しい音楽界です。

紹介した音楽家が遅刻しても責任問題に

 僕が大学4年生の頃、指揮の勉強だけでなく声楽も学んでいたので、良い指揮者が指揮をする合唱の仕事を先輩から回してもらっていました。たとえばオペラ公演の仕事をもらった場合、出番が終わった先輩合唱団員が帰っても劇場に最後まで居続けて、世界的名歌手の歌声を聴いたり、モニターに映るイタリア人指揮者の指揮ぶりを眺めたりして勉強していたのです。

 そんなある日、マーラーの交響曲第8番の合唱の仕事が舞い込んできました。この交響曲は空前絶後の規模の曲で、マーラー自身が初演したコンサートでは、オーケストラ、ソリスト歌手、合唱団という総勢1000人を超える出演者が舞台に立ったことで、「千人の交響曲」とも呼ばれています。今でも、1000人とはいかなくても、多くのオーケストラ楽員、合唱団が必要な交響曲です。

 いつも仕事でお世話になっていたマネジメント担当者としても、普通に合唱団員を集めても到底人数が足りないので、「篠﨑さん、音楽大学の声楽科の学生を集めてくれませんか?」と依頼をしてきました。僕もいつも仕事を頂いている恩返しとともに、恩を売っておいて、これからも仕事をもらおうとの魂胆から、張り切って、たくさんいた女声の同級生たちに声をかけました。

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合