NEW

ユニクロ、ディテール追求&破格に安い夏服5選…ドライEX“神”Tシャツも

文・取材=A4studio
ユニクロ、ディテール追求&破格に安い夏服5選…ドライEX神Tシャツもの画像1
ユニクロのHPより

 日本のファストファッション業界の絶対王者として君臨し続ける「ユニクロ」。国内で約800店舗、海外で約1500店舗を展開しており、今や世界的なブランドに成長している。

 だが最近はやや不安なニュースが続いているのだ。例えば6月の国内既存店売上高は前年同月比10.2%ダウンと、3カ月ぶりに前年実績を下回っている。また、原材料価格や物流コストが上がってしまっており、今秋から一部の商品を値上げするという。一例だが「フリース」は1990円から2990円、「ウルトラライトダウンジャケット」は5990円から6990円と、1000円程度の値上げになる見通しである。

 このように多少の不安要素は抱えているが、それでもベーシックなデザインで素材にこだわったユニクロ服の人気はまだまだ不動だろう。そこで今回は“この夏、買うべきユニクロ服”を5品リストアップし、ファッションライター経験もある恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーの堺屋大地氏に、おすすめポイントを解説してもらった。

 今回、以下の5つを基準として選定した。

・ファッションビギナーでも比較的着こなしやすいこと

・難易度の高い“最先端のおしゃれ”は目指さないこと

・“ダサい”と思われるぐらいなら無難な着こなしにすること

・女子ウケが良く“ちょっとおしゃれ”と思われること

・無理に若ぶるのではなく、年相応に大人っぽく見られること

 では「この夏、買うべきユニクロの服5選」を紹介していこう。

オープンカラーシャツ(半袖)/2990円(税込、以下同)

 レーヨンコットン素材で柔らかな風合いを出し、ゆったりとしたフィット感を演出したオープンカラーシャツ。従来版をパターン設計から見直し、程良いドロップショルダーに変更するなど、モダナイズしたシルエットにアップデートされている。カラバリ(カラーバリエーション)はホワイト、オレンジ、ベージュ、オリーブ、ブルー、ネイビーの6色展開。

「“買うべき”理由は、オーソドックスなシャツなのでファッションビギナーでもスタイリッシュに着こなしやすいところですね。また、以前は胸ポケットが付いていなかったんですが、今回は胸ポケットが付いていて、これが利便性としても見た目のスパイスとしてもGOOD。6色展開されており、個人的にはオリーブとブルーが好みですが、基本的にどれも大人っぽい色味でハズレなしです」(堺屋氏)

RANKING

17:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合