NEW

中日ドラゴンズはなぜこんなに弱い?経営状況が深刻化、来季も最下位濃厚か

文=中村俊明/スポーツジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
中日ドラゴンズはなぜこんなに弱い?
中日ドラゴンズ公式サイトより

 中日ドラゴンズの低空飛行は、新監督が就任した今シーズンも続いている。

 今季は、球団のレジェンドでありファン待望だった立浪和義氏が監督に就任。近年のドラゴンズは12球団のなかでも資金繰りに苦しむ球団だが、さしもの今季は新監督のための大型補強が行われると目されていた。ところが、即戦力と呼べる補強はゼロ。そんな影響もあってか、深刻な得点力不足にあえぎ、最下位を抜け出せないでいる。

「親会社の意向もあり、近年は運営費が大幅に削られています。ドラフトでも、即戦力より地元思考。これでは上位争いをするチームをつくるのは不可能です。それでも、名古屋が待ち望んだ立浪新監督の就任を受けて『さすがに今季は』と期待されたものの、蓋を開けてみれば例年通りでした。

 さすがに現有戦力では、誰が監督をしてもAクラスは厳しいといわざるを得ません。シーズン序盤はまだチームがうまくいっていましたが、怪我人や離脱者が増えた夏以降は、雰囲気もどんよりと暗くなっていきました。チーム内でも『立浪監督がかわいそうだ。中日新聞は球団運営のやる気があるのか』という声すら上がっています」(ドラゴンズ番記者)

 特に近年では、応援団問題や中村紀洋コーチの突如2軍への配置転換など、何かとネガティブな話題に注目が集まりがちだ。今季も球団で唯一、全国区の人気を持つ根尾昂の投手転向が物議を醸している。最大の問題は、弱小チーム事情や球団の計画性のなさに呆れてか、地元でも深刻なファン離れが起きていることだ。

「全盛期の落合博満監督時代(2004~2011年)から年々ファン離れが進んでおり、それは観客動員数にも表れています。ここ数年は、横浜DeNAベイスターズや東京ヤクルトスワローズの後塵を拝することも珍しくなくなりました。その最大の理由は、試合のつまらなさ。特に、とにかく打てないことでしょう。毎年お馴染みですが、他球団よりも圧倒的に本塁打数が少ないです。野球の華である本塁打数が出ないうえに弱いのは致命的です。ファン獲得のための球団努力も欠けています。これではお客さんが離れて当然でしょう。今季は特に、根尾選手が投手転向したあたりから、明らかにファンの熱量も下がっていますね」(同)

RANKING

23:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合