NEW

「かっぱ寿司が美味しくなった」は本当?徹底検証…あえてサイドメニュー注力せず?

文=A4studio
【この記事のキーワード】, ,
「かっぱ寿司が美味しくなった」は本当?徹底検証…あえてサイドメニュー注力せず?の画像1
かっぱ寿司のHPより

 カッパ・クリエイトが運営する大手回転寿司チェーン「かっぱ寿司」。かつては業界のトップチェーンとして名を馳せていたかっぱ寿司だが、現在は国内店舗数で見るとスシロー、はま寿司、くら寿司に次ぐ第4位となっており、王座から陥落して久しい。

 そんなかっぱ寿司だが、近頃はネット上で「味が美味しくなった」と話題にあがることも多い。また、かっぱ寿司自体がCMや店頭ポスターなどで「最近かっぱがうまいらしい!」というキャッチコピーを掲げているほどだ。一見すると自画自賛したキャッチコピーなわけだが、それは裏を返せば「以前は美味しくなかった」ことを暗に認めているとも考えられ、思い切った広告戦略に踏み切ったともいえる。

 実際にかっぱ寿司の味は向上しているのか。そして、かっぱ寿司が回転寿司業界で再び首位に返り咲く未来はあるのだろうか。今回はフードアナリストの重盛高雄氏に話を聞いた。

最近のかっぱ寿司はネタとシャリの適温が絶妙

 まず、かつて業界1位だったかっぱ寿司がなぜスシロー、はま寿司、くら寿司の後塵を拝してしまったのか。

「約10年前の話になりますが、カッパ・クリエイトは資本関係でなにかと不安定だった時代があり、2014年にカッパ・クリエイトがコロワイドグループの傘下に収まるまでは、落ち着いて戦略が立てられなかった時期が続いていたようです。また、かっぱ寿司はテレビCMで知名度を上げて目立っていましたが、スマホの普及などでネットでの宣伝の打ち出し方が重要になってきたなかで、他の回転寿司チェーンのほうがネットでの広告が上手だったため、次第に追い抜かれてしまったのでしょう」(重盛氏)

 では、かっぱ寿司の味が以前と変わったのか、変わったとしたらどう変わったのか。

「先日、新小岩店と板橋店に足を運んだのですが、シャリの口ほどきがかなり良くなったという印象がありましたね。従来の回転寿司といえば、人が握った寿司という感覚よりも、マシーンで握ったご飯の塊にネタを乗せているというイメージがあったと思います。いわゆる“回らない寿司屋”の握り寿司は基本的にシャリが若干温かく、そこに冷たいネタを乗せて提供しているんですが、今回かっぱ寿司で食べた際も同様に、ネタとシャリの持つ適温がうまく重なっているように感じました。

 かっぱ寿司は『すし特急』という、新幹線のようなレーンに寿司を乗せて席まで運んでくれますが、スピード重視で提供している他の回転寿司チェーンに比べると、提供スピードはやや劣っているという印象です。ただ、かっぱ寿司は提供スピードがやや遅れても、美味しく食べてもらえる品質を重視し、提供時間の調整を実施していると感じます。提供時間も評価基準の一つだとは思いますが、現在のかっぱ寿司は提供スピードよりも常に美味しい状態で提供することに重きを置いているんじゃないでしょうか。

RANKING

17:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合