NEW

コメダ珈琲の新業態は“意識高い系コメダ”?銀座の店舗でハードな体験、強気の価格

文=谷口京子
【この記事のキーワード】, ,
「KOMEDA is □」公式HP。店名はフードメニューに多く使用されている「米」と「大豆」に由来するダジャレ的な意味と、「□」はあえて空欄にしておき、新しい魅力をこれからも□に入れていきたい、という想いが込められているとか
「KOMEDA is □」公式HP。店名はフードメニューに多く使用されている「米」と「大豆」に由来するダジャレ的な意味と、「□」はあえて空欄にしておき、新しい魅力をこれからも□に入れていきたい、という想いが込められているとか

 1968年、名古屋に1号店をオープンしたコメダ珈琲店(以下、コメダ)。開業から54年が経った現在は、グループ店を含めた965店舗(2022年8月末時点)を全国に展開している。

 そんな同社が2020年7月にオープンしたのが、新業態の「KOMEDA is □(以下、コメダイズ)」だ。コメダイズでは、米や大豆など植物由来の食材を指すプラントベースフードのメニューを提供しているという。

 プラントベースフードは生産時の環境負荷が低く、CO2排出量の削減につながるとされ、近年注目を集めている食材。運営元のコメダは2018年から“心にもっとくつろぎを”プロジェクトと題し、店舗にソーラーパネルを設置してCO2を削減したり森林保全活動をしたりと、サスティナブルな取り組みを行っており、このコメダイズも同プロジェクトの一環としてオープンしたという。

 情報だけを見ると“意識高い系コメダ”という印象だが、いったいどんな喫茶店なのだろうか。現時点で唯一の店舗である東銀座店に行ってみた。

都内の穴場コメダ?待ち時間なしで入店

 地下鉄の東銀座駅から歩くこと2分。コメダイズ東銀座店は、銀座松竹スクエアというビルの1階にある。オフィス街なので平日はビジネスパーソンが多そうだが、筆者が来店したのは日曜の夕方だったからか、通行人はまばらだった。

 コメダイズも混雑しておらず、スムーズに一人用のカウンター席に着席。タイミングによって状況は変わるが、都内のコメダはいつ何どきも“待ち”が出る印象があったので、空いているのが意外だった。

コメダ珈琲の新業態は“意識高い系コメダ”?銀座の店舗でハードな体験、強気の価格の画像1
コメダイズ外観。「KOMEDA is □」のネオンが往来に向けて光っているが、入り口はビル内にある

 緑を基調にしたコメダイズの店内には「再生の木」と名付けられた柱が象徴的に置かれている。公式情報によると、この木は「物流で荷物を載せる荷役台として使われた古材」から作られているとか。その他にも、他店舗で出た“コーヒーかす”と砂利を混ぜた塗り壁など、至るところにリユース・リサイクル素材が使用されている。

コメダ珈琲の新業態は“意識高い系コメダ”?銀座の店舗でハードな体験、強気の価格の画像2
コメダイズ店内。青色の照明は廃ガラスを再利用したペンダントライト
コメダ珈琲の新業態は“意識高い系コメダ”?銀座の店舗でハードな体験、強気の価格の画像3
窓際のカウンター席は目線の高さに目隠しがあり、店外の視線が気にならない仕様になっている

 店内には30代以上の客が多く、落ち着いた雰囲気だった。全席に設置された電源コンセントは客も使用できるので、PC作業をする人の姿もちらほら。平日はリモートワークをする客も多そうだ。

コメダイズのバーガーもやっぱり巨大?

 コメダイズで食べられるのは、プラントベースフードに造詣が深いべっぴんプラス株式会社と共同開発した特別メニュー。通常のコメダとの明らかな違いは、強気の値段設定にある。

 おつまみ類は1000円以下だが、コメダイズのバーガー類はすべて1280円。通常のコメダのハンバーガー類は700円前後なので、割高な印象だ。コメダ名物の「カツパン」は900~1000円が相場なので価格帯は近いものの、かなりのボリュームがあり、実質2人分なのでお得感があると人気を博している。コメダイズの価格帯でもカツパンのようなボリュームがあれば納得できるのだが、どうだろうか。

コメダ珈琲の新業態は“意識高い系コメダ”?銀座の店舗でハードな体験、強気の価格の画像4
注文はタブレットで行う。「フード一覧」から選択する他に「べっぴんバーガー」「小粋なサンド」「わびさびトースト」など、カテゴリーごとにメニューの確認ができる。ネーミングセンスが独特
コメダ珈琲の新業態は“意識高い系コメダ”?銀座の店舗でハードな体験、強気の価格の画像5
コメダにはないアルコール類が飲めるのもコメダイズの特徴だ。「香るエールビール」(690円)をはじめ、6000円近くするボトルワインもラインナップに入っている

 30種類以上あるフードの中でも、オープン当初から一押しされているのが「べっぴんバーガー“アボ照り”」(1280円)だ。

コメダ珈琲の新業態は“意識高い系コメダ”?銀座の店舗でハードな体験、強気の価格のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!