NEW

酔えるグミ・パリピ気分、未成年者の間で流行…アルコール気付かず、子供の購入を誘発

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
酔えるグミ・パリピ気分、未成年者の間で流行…アルコール気付かず、子供の購入を誘発の画像1
UHA味覚糖「パリピ気分」(「Amazon.co.jp」より)

 アルコール分2%入りのソフトキャンディ「パリピ気分」(UHA味覚糖)がコンビニエンスストアの菓子棚に陳列され、一部の未成年者の間で「酔えるグミ」として流行しつつあることが問題視されている。パッケージにはクラブのミラーボールのイメージイラストとともに「キャンディ食べて、アゲアゲハッピー」という文字が躍っており、未成年者でもレジで購入時に年齢確認を受けないことから、陳列方法の見直しを求める声もあがっている。

 先月発売された「パリピ気分」に世間の関心が寄せられたきっかけは、NPO法人「ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)」の社会対策部薬物担当者が今月4日にTwitterに投稿した次のツイートだった。

<【注意喚起】#酔えるグミ として一部で流行中の「パリピ気分」ですが、コンビニ等のお菓子売り場でも陳列されています。保護者が注意書きを見落とす恐れがありますので、販売店の方々には酒類同様の取り扱いを徹底していただきたいです。大人の責任として、子どもが口にすることを一緒に防ぎましょう>

 商品パッケージの左上には「アルコール分2%入り」と記載されているが、SNS上ではアルコール入りだと気がつかずに購入したという声も多い。また、左上の端には「お子様や運転時はご遠慮ください」とも書かれているが、フォントは小さく、開封すると捨てられる場所に印字されている。そのため、Twitter上では次のような反応が寄せられている。

<もう少しで子供に食べさせるところだった 運転中に口に入れたらどうするんだって?>(原文ママ、以下同)

<子供が手に取れる場所で、危険性の感じないパッケージで、注意書きも開封したら切れる場所で(裏に小さく書かれてるのは注視されない)、なぜこれでGO出たのか疑問レベル>

<おれがアル中だった頃にパリピ気分とかいう酒キャンディが存在していなくて良かった。爆食して死んでた>

<商品の企画を通した人たちは、なんでこんなリスクの高い企画を通してしまったんだろう>

<こんな子供がほしがるパッケージにする必要は無い>

<3個食べたら、じんわりくるね。普段、お酒を全く飲まないからね>

<時間が経って来ると、酔いますね>

 食品業界関係者はいう。

「未成年者に限らず、妊婦や自動車を運転中の人、常用する薬とののみ合わせの関係でアルコールを摂取してはいけない人、アルコール中毒の治療中の人、体質的にお酒を受け付けない人、極度にお酒に弱い人など、アルコールを避けなければならない人は意外に多い。それを前提に考えると、『パリピ気分』の商品コンセプトやパッケージ、陳列場所といったあらゆる面において、無用なトラブルを生じさせる要因を含んでいるという誹りは免れない」

ラミーやバッカスとの決定的な違い

「パリピ気分」のほかにも、以前からアルコールを含む菓子は広く販売されている。たとえばロッテの「ラミー」はアルコール分3.7%入り、同社の「バッカス」はアルコール分3.2%入りで、ともにロッテの定番商品といえる。また、明治の「メルティーキッス くちどけラム&レーズン 4本」もアルコール分3.8%入りで、アルコール入りチョコレートは一定の市場規模を持つジャンルとして確立されている。そうしたなか、なぜパリピ気分だけが批判を浴びているのだろうか。

「ラミーもバッカスもパッケージ全体がシックなトーンで、前面にお酒のイメージイラストも添えられており、『これは大人向けの商品ですよ』という印象を消費者に与える。なので『アルコールはあくまで香り付けのために入っている』というスタンスが伝わってくる。一方、パリピ気分はその商品名もさることながら、パッケージもクラブをイメージさせる派手なもので、『アゲアゲハッピー』というキャッチフレーズが前面に踊り、未成年の消費者の興味を引くほど派手。お酒のイメージイラストも描かれていない。ラミーなどとは反対に『酔ってアゲアゲになるためにお酒を入れている』というメーカー側の意図がうかがえてしまう。

 単なるイメージの問題と思われるかもしれないが、消費者の購買行動を大きく左右する要素であることは事実。今回のパリピ気分についていえば、『未成年者にアルコール入り菓子を買わせようとしている』と受け取られても仕方なく、メーカー側は配慮に欠けていたといわざるを得ない。また、小売店も、酒類棚や酒のおつまみ類の棚などに陳列すれば、ここまで批判を招かなかった可能性もある」(前出・食品業界関係者)

(文=Business Journal編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

酔えるグミ・パリピ気分、未成年者の間で流行…アルコール気付かず、子供の購入を誘発のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

23:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合