NEW
理解不能な若い部下の取扱説明書

泣き虫、イイ子...増殖する"キャラ偽装"新入社員にご用心!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

"ゆとり"×SNS=モンスター新入社員
「今年の新入社員は、自分のキャラを2つか3つどころか、10個くらい平気で使い分ける。本音が見えないキャラ偽装人間なので、取り扱いには注意が必要です」

と、ため息交じりに語るのは、大手システム会社の人事課長、神永豊氏(仮名・38歳)だ。社会人ともなれば、"社会人キャラ"を演じるのがむしろ常識だが、彼らのキャラのつくり込み方は、そんなレベルではないという。

「その場、その場に"最適化"したキャラをつくり込んで、上っ面だけで勝負してくるので、人として信用できない。第一、素直じゃなくて、可愛くないったらありません。こんなヤツら、客先に出して通用するかどうか、今から不安ですよ」

 神永氏自身、すでに"キャラ偽装"の被害にあっているという。目をかけていた新卒が、"可愛いヤツキャラ"を演じて「神永さん、ご馳走してくださいよ~」と甘えてきた時、張り切って、ちょっといい店を予約してしまったという。

「その日そいつがツイッターで、『今晩、カリスマ人事マンと有名和食店で飲みたい人、大募集中!』とかツブやいていた。要は、ダブルブッキングしてしまい、僕との約束を当日ドタキャンしたいものだから、"代打"を立てようとしていたのです。失礼極まりないですよ。後日それを責めると、今度は涙ながらに謝罪。"泣き虫キャラ"で勝負ですよ。もう、芝居臭くてウンザリです」

 この事件以来、神永氏はこの男を軽く無視。すると、反撃のつもりなのか、今度はツイッターの裏アカウントで神永氏の悪口を呟きまくっているという。表面上は必要以上にナイスなのに、裏アカでは暴言吐き放題......そんなケースはほかにもある。情報関連会社で働く牧田香織さん(仮名・31歳)も、その被害者だ。

「その新人の子は、今どき珍しいほど清純でイイ子なキャラで、フェイスブックやツイッターでは『ウチの会社の先輩はみんな親切だし、福利厚生施設もこんなに充実!』なんて、よく書き込んでいました。それを読んで私も、『早く会社に馴染んでよかった』なんて思っていたんです。ところが、同僚がその子の裏アカを見つけてきた。そこには『ウチの会社、ガチ、ブラックかも』だの、『課長の誰々はコネ入社だから、A社の取引が取れているだけ』だの、『あんなヤツ、早くリストラされりゃいい』だの悪口言い放題。さすがに青ざめて、『これあなたの裏アカでしょ。上に見つかる前に削除したほうがいいよ』と注意した。そうしたら例の"イイ子キャラ"で土下座せんばかりに謝ってきたのですが、実は全然懲りてない。今後はまた別のアカウントを立てて、私のことを『超ウザいお局が私のツイッター読んでる。どんだけヒマなんだって』とか、完全"ビッチ・キャラ"。もう、何を信用したらいいかわかりません」

 こうした"事件"は、もっと古い業界でも発生しているようだ。不動産開発会社の課長、横田真奈美さん(仮名・39歳)も、キャラ偽装新入社員には、振り回されっぱなしだという。

「新店舗開発のブレストの際、『あなたたちの世代に、どんな店舗が受けるのか、自由な意見を聞かせてほしい』と言ったら、マスコミでよくいわれる典型的な若者キャラでしか話さない。『私たち世代は、お金を使わないから』『結婚願望が強いから』『保守的だから』『ナチュラル系が好きだから』といった具合で、斬新な意見がひとつも出てこない。『今、アンタが求めてるのは、このキャラなんでしょ?』と言わんばかりの予定調和ぶりで、大人を舐めきっているとしか思えません」

『日経ビジネス Associe (アソシエ) 2012年 06月号』


「伝えない技術」というのも重要だ。

amazon_associate_logo.jpg