NEW
「ダイヤモンド」vs「東洋経済」! 経済誌双璧比べ読み(5月第5週)

ダイヤモンド! 同梱のパブ雑誌の方が分厚いってどういうことよ!?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_212.jpg
(左)「週刊東洋経済  6/2号」 
(右)「週刊ダイヤモンド  6/2号」

 今週号の経済2誌は、両誌ともにタイムリーな特集記事だ。「週刊東洋経済 6/2号」の特集は『脱TOEICの英語術』、「週刊ダイヤモンド 6/2 号」の特集は『ネットの罠』だ。


 まず、「週刊東洋経済」から見ていこう。これまで同誌は10年9月18日号で「1500語だけで話せる! 非ネイティブの英語術」という特集を組んでいる。「完璧な英語はもういらない。非ネイティブの英語こそ世界共通の言語だ。さあ話し始めよう」というスタンスでグロービッシュ(グローバルとイングリッシュを組み合わせた造語)を紹介し、別冊化するなど話題を呼んだ。


 それ以来の英語術となった今回のテーマは「脱TOEIC」。ちょうど発売日前日の27日日曜日がTOEICのテストだったということもあり、2時間の英語漬け試験で「こんな受験勉強みたいな英語試験に何の意味があるのだ!?」と思いながらもヘトヘトに神経が疲れて月曜日を迎えたビジネスマンが手にとりそうな企画だ。


 記事によると、楽天、ユニクロの英語公用語化をきっかけに企業がこぞってTOEICの点数(スコア)を英語力の判断基準として採用している。11年度受験者数は前期比3割増となる227万人だ。TOEICのスコアが給料に直結する、さらには、出世に関わり、その後の人生を左右しかねないような影響力を持ち始めているという。


 ところが、「グローバル人材」が求められるなかで、このTOEICはグローバルスタンダードではないという問題がある。TOEICはアメリカ・タイム社アジア総支配人(日本人)が米国の非営利団体に開発を依頼した日本向けのテストで、日本以外で業界標準とされているのは韓国だけというガラパゴス試験なのだ。


 また、日本向けのテストということもあって、リーディングとリスニングという受動的な2技能だけが出題範囲であり、グローバル人材に実際に必要なスピーキング、ライティングの2技能は出題されないのだ。このために900点という高スコアをとっていても、そのうちの7割の人は実際には喋れない......といった現象が起きているというのだ。TOEICのスコアが受験者の人生を左右するようになり、出題傾向を踏まえた対策テクニックが向上していることも背景にある。


 つまり、実際のコミュニケーション能力を示す指標としては4技能のうち2技能しかテストしないTOEICは、きわめて信頼性が低いということだ。このために「英語が喋れるようになればなるほど、TOEICのスコアが上がらなくなる」と英会話学校を辞めるビジネスマンも出てくる本末転倒状態が起きているというのだ。