NEW
2インストラクター体制で受講生を徹底サポート

本物の英語が身につく英会話スクール『COCO塾』

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 巷には「英会話教室」なるものがそこかしこに溢れているが、ビジネスで英語を活用できている人は、あなたの周りにどれくらいいるだろうか? 高い授業料を払ったけど、通う前とさほど変わらなかったという人も多いはずだ。


 そんな悩みを解消するため、40年以上にわたって教育事業に携わってきたニチイ学館が、今までにない語学事業を立ち上げた。


 その名も『COCO塾』。「COCO」とは、「Communication Competence(伝達能力)」の頭文字をとったものだが、ニチイ学館のこだわりが、この2文字に集約されている。


 英会話教室に通って、結果が出せなかった人の大半は、話をする上で、相手のジョークや英語独特の表現がわからず、話が理解できなかったり、ワンパターンの言葉や表現しか知らないため、会話が弾まなかったりという苦い経験があるそうだ。


 また、一度日本語に訳してから考えるので、会話に時間がかかるといった悩みも多いという。要するに、


「話すことはできるけど、対話となるとちょっと......」


という人が多いのだ。英会話教室に通う多くの人の目的は、「日本語のように英語を話す」ことではないだろうか。



 そういった悩みを解決するためにニチイ学館が採った画期的な方法が「2インストラクター」制度だ。大手英会話スクールではこれまで例を見ない「2インストラクター」制度によるきめ細かい指導の最大のメリットは、ネイティブの"対話"がその場で聞けるということだ。これを、ニチイ学館は「英対話」と呼んでいるそうだ。


 会話と対話ーー。


 一見、似たような意味に思えるこれらの言葉は、ビジネスの世界においては大きな違いを持つ。それは、お互いが相手の言葉の"意味"を理解できるかどうかにかかっているからだ。
 

 こんな経験はないだろうか? 


 旅先で拙い英語で身振り手振りを交えながら、ようやく伝えたいことが伝わったということ。伝えたい本当の意味が100%相手に伝わらなかったこと。これらは、日常生活においては許されるが、ビジネスだったら一気に破談となるだろう。


 ビジネスの世界では、言葉ひとつひとつの重みが違うのだから、文化慣習の異なる英語を使う以上、日本語以上に"コミュニケーション能力"を問われるのは当然というわけだ。


 そういった現実的な問題も、『COCO塾』はカバーしてくれている。


 一般的な英会話教室だと、講師の外国人と日本人の会話しか聞けなかったのが、COCO塾では、「2インストラクター」制度を取り入れることで、日常的に講師同士の対話を見聞きすることができるため、コミュニケーション能力の一層の強化が期待できる。


 さらに、受講生の目線を下げさせないための工夫として、電子黒板を導入することで、上を向いて楽しみながら学習できるのがポイントだ。


 最近では、景気の低迷からたくさんの企業がコストの安い外国に進出したり、外国人労働者を受け入れたりしている。英語を社内公用語として採用する企業も出始めている。


 あなたの会社でも、「新しい上司は外国人」なんてことがあるかもしれない。英語は身につけたいが、どう学習したらよいかわからない......という方は、「会話」だけでなく、「対話力」も磨くという視点を持ってスクール選びをしてみては?


<『COCO塾』HPはこちら