NEW
数百社以上の中から、信頼できる転職エージェントはこう見抜け!

ブラック転職先とグル..."悪徳"人材紹介会社に用心!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「テレビ朝日HP」より
 厚生労働省の集計によると、2010年度、民間の職業紹介を通じた就職件数は11.1%増の43万人と3年ぶりに増加し、過去最高となった。

 確かに、最近では新卒が入社した途端に、転職エージェント(人材紹介会社)に登録――などという現象も、もはや当たり前になっている。

 それほど身近な存在となった人材紹介会社だが、数百社ある同業種は玉石混交。気をつけて選ばないと、痛い目に遭うこともある。

失敗を押し付けるためだけに転職させられた

 ITセールスの香山由香さん(仮名・34歳)は、"悪徳" 転職エージェントに引っかかったひとりだ。その顛末をみてみよう。

「私がダマされた人材紹介会社のHPを見ると、この不況下にもかかわらず、すごく良さそうな転職案件がズラリ。この会社は業界に凄いコネがありそうだと期待して、門戸を潜ったんです。ところが、私の目を引いたその案件は、すでにほかの誰かに決まってしまったという。仕方がなく、似たような転職先を探してもらったのですが、これが大外れ。人生計画が完全に狂いましたね」(香山さん)

 転職先のソフトウェア会社ではマネージャーとしての肩書を与えられた。初めての管理職に浮かれたのも束の間...その椅子は、半年に1回はコロコロ人が替わる"魔のポジション"だったのだ。

「まず、上司が朝っぱらから怒鳴り散らす、机を蹴る、恫喝するなんて当たり前の極端なパワハラ職場。その上、ずっと前にいた前任者とその上司が、提携する販売代理店との関係を無茶苦茶に悪化させていたため、私がひとり頑張って代理店に『買ってください』と頭を下げたところで、にっちもさっちもいかない。誰が来ても"仕組み的"に売れない部署だったのです」(同)

 私は、「売れない理由」を押し付けられるためだけに、転職したようなもの――。
香山さんはそうため息をつく。

 前任者はなぜ辞めたのか? きちんと確認しなかった香山さんにも落ち度はあるが......。

「あの人材紹介会社の担当者が、『こんなにいい会社はない』『あなたが成長できる場はここだ』とあまりに熱心に言うもので、すっかりダマされちゃいました。ほかの部署の人に聞いた噂ですが、どうやらそのパワハラ上司と人材紹介会社の担当が結託して、上司はその担当からキックバックをもらっているらしいのです」(同)

人材紹介会社の報酬は、年収の25~35%

 人材紹介会社は、クライアント企業に人材を紹介し転職させれば、報酬として、その転職者の初年度年収の25~35%を受け取る仕組みだ。つまり、その転職者の年収が1000万円なら、報酬は250~350万円と相当デカい。

『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(1)』


かなりリアルな転職事情を学べるマンガ

amazon_associate_logo.jpg