NEW
会場前列は、みんな関電のサクラ?

潜入!関電株主総会、副社長トンデモ発言「原発寿命60年」

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関電株主総会会場の壇上に居並ぶ同社経営幹部。
 関西電力(関電)大飯原発再稼動への批判が全国レベルで渦巻く中、昨日6月27日、注目の同社株主総会が、梅田芸術劇場で開催された。

 会場周辺には原発再稼働に批判的な人たちが多数集まり、会場内に入る株主たちに向けて「株主がんばれ!」とのシュプレヒコールが湧き上がっていた。すでに10時開会の45分前には、関電役員たちが壇上に居並ぶメイン会場は、1905席が満席。メイン会場の様子がスクリーンに映し出される第2会場も、7割の席が埋まっていた。

 ちなみに、採決のときの挙手を見渡した限り、前から10列目くらいまでは、関電側に好意的な株主で埋め尽くされていた。もちろん、関電がそのように謀ったのかどうかは定かではないが......。

 総会は定刻に始まり、議長は森詳介会長が務め、ビデオ上映による事業報告の後、八木誠社長から「対処すべき課題」について説明が行われた。収支が赤字、電力需給が相変わらず厳しい、安全性が最優先......、型どおりの説明が続く。

原発推進みえみえの関電幹部

 続いて質疑に入り、まず、事前に書面で寄せられた質問について、担当役員が答えた。

 概要は、

「電気料金の値上げは現時点で考えていないものの、経営状況次第ではあらゆる選択肢も探っていく」
「収支改善のために、当面は原発再稼動を目指す」
「再生可能エネルギーについては、さらなる導入も考えているものの、コストなども総合的に勘案する」

と、原発廃止に後ろ向きの姿勢がありありだった。

 大飯原発再稼動の理由について、豊松秀己副社長が「炉心損傷に至らないと確認した」と話すや、会場から野次が巻き起こり、「やめて~」という女性株主の悲痛な声も。また、国は原発の「40年廃炉ルール」を検討中だが、「60年運転も可能」という驚きの見解も飛び出した。原発の燃料リサイクル処理施設・もんじゅについても、「使用済み核燃料の再処理によって、将来的なウラン獲得競争から解放されるため、もんじゅにも期待する」と語り、同社の原発推進路線が鮮明になった。

 続いて、会場からの質問に移り、矢田立郎神戸市長の次に質問した橋下徹大阪市長は、次のように語った。

「関西電力はこのままでは潰れてしまうのではいかと危惧している。衰退産業が歩んだ道を関西電力は歩んでいる。成長産業の経営陣は、経営上の将来リスクをはっきりと株主に説明しているが、関電は説明が不十分だ。使用済み核燃料は原発の根源的な問題だ」
「(使用済み核燃料の)再処理事業は今後も継続するのか? 中間処理施設は増設するのか? 最終処分地はいつまでにつくるのか?」
「家庭用電力は2年後に自由化されるのか? 発送電分離は実施されるのか? 40年廃炉のルールは確立されるのか?」

 質問の途中、議長が「3分を超えていますので手短に」と結論を急ぐと、ものすごい野次と大きな拍手が入り乱れ、騒然となった。

『しつもん仕事術』


株主に質問させない関電

amazon_associate_logo.jpg