NEW
知ってるようで知らない 薬局の歩き方 クスリの選び方 第1回

キンチョールだけでは全然ダメ! 絶対ゴキブリを出さない害虫駆除

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_537.jpg
人類にとって身近な武器かも。
 オイーッス! みっなさーん 科学してますかーっ!? 増税に負けて血尿だしてませんかーっ?

 はい!  というわけで今回から、このビジネスジャーナルの場を借りて、みなさんの身の回りにある“薬”についての話をさせていただくことになりました、血まみれサイエンスライター・へるどくたークラレと申します。「誰だてめえ……?」という人は適当にwikiでもご参考ください。と、適当な自己紹介はさておき、まずはこの連載の趣旨をば……。

 頭が痛い時、せきがひどいとき、鼻炎が辛いとき……薬局で薬を買いますよね? どれも効きそうなパッケージで、結果どれでも同じに見える。こうした薬や栄養ドリンクなんかって、なんとなーく選んでいませんか? この連載では毎回テーマごとに薬局売りの商品を精査し、パフォーマンスに優れたものを勝手に選び、うっかり値段だけのクソ商品を買ってしまわないように皆々様にお役立ていただこうという、不埒な理系書の作者にあるまじきマトモな情報をお届けしてしまうという趣旨でございまして、さっそく第1回のテーマ「害虫駆除」でございます。

 さて、夏といえば薄着、薄着で困るのは……そう、害虫、特に蚊のシーズンですね。そして台所には黒光りする“G”が……というわけで今回は、「蚊とゴキブリに対して駆除グッズ、何を買えばいいの?」で参ろうと思います。

 殺虫剤なんてどれも一緒だって?

 ま、確かにどの殺虫剤でも一発で虫は死にますが、最近の殺虫剤は殺すだけではなく、その後のバリア効果や、パニック誘発効果やさまざまな特殊効果を持ったものが数多くあります。さらに殺虫だじけではなく、家に入れさせないという対処法もじわじわと浸透しつつあります。その辺も交えて、害虫対策、本気でやってみませんか?

 薬局やドラッグストアに売っている害虫対策コーナーにはおおまかに分けて、3つのジャンルが置いてあります。

 1つは殺虫剤、直接的に殺すための薬剤です、『ゴキジェット』(アース)のようなスプレータイプの直接殺すものから、『バルサン』(ライオン株式会社)のように燻煙型のものを設置して、部屋ごと、家ごと殺虫するものなどさまざまです。使い方はわかりやすく簡単です。

 2つめはトラップ系。ホイホイ誘因させたりするものや、毒の入ったエサなど多彩です。代表的な『ゴキブリホイホイ』(アース)や『コンバット』(大日本除虫菊)などですね。使い方に関しては、殺虫剤よりはコツがいります。ちなみに害虫駆除の世界において、毒餌のことをベイト剤と呼びます、覚えておきましょう。

『ゴキブリがいなくなるスプレー 200mL』


一部屋一本の勢いで常備。

amazon_associate_logo.jpg