NEW
米国政府も操る?世界中で悪評の、モンサント社の実態

自殺者量産!? 遺伝子組み換え種“キケンな”企業が日本へ?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モンサント社の実態を暴く映画『フード・インク』。
(「同公式サイト」より)
 農薬メーカーとしても有名な米国ミズーリ州に本社を置くモンサント社は、ベトナム戦争で散布された枯葉剤の製造メーカーである。枯葉剤は、本来の目的とは異なり、兵器として使用され、不純物としてダイオキシンが含まれていたため、べトちゃんドクちゃんのような体のつながった奇形児が数多く誕生した。

 アメリカ兵たちにも被害者は出た。枯葉剤の関連施設が任務地だったアメリカ兵が、帰還し結婚をし子供ができると、その子供たちにも影響が出た。障害を持つ子供たちが多かったのだ。

 1985年、4万人もの帰還兵が、モンサント社に対し集団訴訟を起こし、同社は被害を認めないまま、原告に1億8000万ドルを支払うことで突如和解。89年、この和解を不服とした帰還兵や遺族が、再度集団訴訟を起こしたが却下された。

世界シェア90%

 この枯葉剤で一儲けしたモンサント社は、今や遺伝子組み換え種の世界90%のシェアを誇り、独占企業といっても過言ではない。同社が遺伝子組み換え種を発売した96年、同社のシェアはわずか2%であったが、08年には90%という驚異的な数字に跳ね上がっていた。

 この遺伝子組み換え作物については、多くの専門家から、

 「食品としての安全性への疑問」
 「生態系のかく乱」
 「遺伝的多様性の喪失」
 「有機栽培など周囲の農業生産への影響」

といった警鐘の声が上がっている。

 モンサント社の遺伝子組み換え種は「自殺する種子」とも呼ばれ、その種は「一代限りで次の種をつくれず、種がつくられない作物は体に良くない」との声も、専門家の間では多く聞かれる。

 では、なぜモンサント社がここまでの勢力を持ち、広く世界へ進出できたのか?

 その答えのひとつを、ドキュメンタリー映画『フード・インク』(配給:アンプラグド)が示してくれた。この作品は、08年米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート作品で、日本でも公開された。

 映画の中では、複数の「危ない秘密」を持つ大企業がレポートされていた。そのトリを務めたのが、モンサント社であった。

米国政府との強靭なコネクションと癒着

 モンサント社に過去在籍していた人たちの多くが、ブッシュ前政権、その前のクリントン政権で政府の要職に就いていた。