NEW
「カネの亡者」と呼ばれた、ライブドア、ホリエモンの“深層”

ライブドア元幹部が語る、ホリエモン仮釈放支援に取り組むワケ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「堀江貴文の早期仮釈放支援の会HP」より
 2006年1月、有価証券報告書虚偽記載の疑いなどで、六本木ヒルズのライブドア本社に東京地検特捜部が家宅捜索に踏み込んだ。世にいう「ライブドア事件」である。同社社長のホリエモンこと堀江貴文氏らは、証券取引法(現・金融商品取引法)違反で逮捕、起訴され、時代の寵児は、一転してバッシングの的に転落した。11年4月、最高裁は堀江氏の上告を棄却し、懲役2年6カ月の実刑が確定、現在は長野刑務所で服役中だ。

 近鉄バファローズやニッポン放送買収、そして上記の事件など、絶えず日本中に話題を振りまき、加熱するメディア報道の渦中に居続けたライブドア。そんな同社の取締役として、経営の中枢に身を置き、堀江氏も厚い信頼を寄せていたのが、熊谷史人氏である。

 熊谷氏は現在、「堀江貴文の早期仮釈放支援の会」(以下、支援の会)発起人として、署名募集など積極的に活動を行っている。そんな熊谷氏に、

 「なぜ堀江氏の早期仮釈放を求めるのか?」
 「加熱するメディア報道によりねじ曲げられた、ライブドア騒動の深層」
 「堀江氏の素顔、そして刑務所で生活を送る今」
 「基準があいまいな仮釈放制度の問題点」

などについて聞いた。

ーー熊谷さんが、堀江さんの早期仮釈放を求める運動をなさっている理由はなんでしょうか?

熊谷史人氏
熊谷史人氏(以下、熊谷) 一番の動機は、堀江さんが人間として好きだからです。ライブドアに入社してから、仕事上の付き合いは4年間くらいなんですが、その頃はプライベートな付き合いはほぼゼロでした。大きいビジョンを掲げ、世間のことを真剣に考えて、素直でシャイでいい経営者だなと尊敬していました。

 ライブドア事件の裁判後、プライベートな付き合いが始まりました。そこでわかったのは、堀江さんは、おちゃらけて優しく、どこにでもよくいる人ですね。ともかく人を差別しないので、有名な人もそうでない人も、正面から向き合って接し、仲良くなれる。

 ですので、「堀江さんを早く刑務所から出したい」と思う人は結構いるんですが、社会的な立場などから公には言いにくい方が多い。署名活動にしても、誰も手を挙げていなかったので、「私くらいしか、やる人がいないんじゃないか。堀江さんと一緒に経営をし、事件の内容も知っていて、反省の態度も知っているのは私だ」と思い至り、動こうかなと。

ーー仮釈放を求める活動には、どういった方々が賛同しているのですか?

熊谷 ジャーナリストの田原総一朗さんですとか、上杉隆さん、勝間和代さん、野口美佳さん、ビームスの設楽洋さん、サイバーエージェントの藤田晋さんなど、各方面から多くの方に賛同いただいています。

ーー刑務所の中での堀江さんは、どのようなご様子ですか?

熊谷 まじめに刑期を務めています。仕事は、刑務所内にいる老人のお世話、介護ですね。刑務所内の生活態度が良いということで、外部の人と面会できる回数も増えました。丸坊主になって、80キロくらいあった体重も65キロほどに落ちて。

 スリムになって(笑)、もう別人みたいです。ただ、健康状態はあまり良くないので、そういった部分でも弁護団は早く出所させたいと。

ーー熊谷さんは、どれくらいの頻度で面会をされているのですか?

熊谷 3月に会ったきりです。今月から面会数が増えたので、また行けるかなと楽しみにしています。

●かばってくれなかった悔しさ

ーー熊谷さんをはじめとして、堀江さんの早期仮釈放を求める声もある一方、宮内亮治元CFOなど、元ライブドアの人で堀江さんのことを悪く言っているように見える人もいます。その違いというのは、どこから生まれてくるのでしょうか?

熊谷 実は宮内さんも、「堀江さんは頭いいからなぁ」と今でも言ってますよ。悪く言うことがあるのは、捜査と公判の過程で、堀江さんが事件対応について明確なビジョンを示してくれなかったという「悔しさ」があるんじゃないでしょうか。

『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』


ホリエモンも「ついていきたい」と思われるリーダーだった

amazon_associate_logo.jpg