NEW

30代半ば女子には参加できる婚活パーティがない? 迷走するアラサーたちの現実

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「写真素材 足成」より
 現在、日本では30代前半男性の2人に1人が独身、女性も3人に1人が独身といわれ、2000年の電通による調査では、婚活市場の規模は300億円だったものが、07年の経済産業省の調査では600億円へと成長、年々増加の一途をたどっている。中でも「婚活パーティ」に対する人気は根強いが、最近ではその傾向に少し変化が見られるという。

 これまでの婚活パーティは「有名大学卒業」「年収1000万以上」など、男性に求める条件もざっくりしたものが多かった。実際、筆者も何度か参加したことがあるが、身分証以外の提示は求められないために、「男性は年収1000万円以上限定」のパーティに参加しても「実は高校卒」「実は年収300万円」という男性がごろごろいたものだ。

 しかも、そういう彼らは悪びれることなく、ナンパ感覚で参加していることが多い。女性にとっては、オシャレをして、気合を入れ、「狙いを定めて臨んでいる」にもかかわらず、ふたを開けてみたら理想とはかけ離れすぎていたというのでは、婚活パーティに参加する意欲も失われてしまう。

 こうした実情があるからか、最近では陸上自衛隊の「駐屯地」をパーティの会場とする催しなどが開かれている。

 駐屯地で行われるのは、男性陣を自衛隊員に限定したパーティだ。また、自衛隊に限らず、消防隊員や地方公務員など、安定的職業に条件を狭めたパーティに人気が集まっているというのだ。

 特に自衛隊員を対象にしたパーティは、東京での開催なのにもかかわらず、関西や九州からも日帰りで参加する女性がいるほどだという。彼らが持つ頼りがいのある体格(筋肉)はもちろん、その安定した収入が何よりの魅力なのだという。
 
 ほかにも、最近人気のパーティとしては、5対5などの少人数であったり、趣味が同じ人同士が集まるものなど、誰でも参加できるというよりは、ターゲットを狭めたものに変化しているといっていい。

●33歳を越えると、参加できるパーティが急激

 ここまでは、男性の条件だけについて書いてきたが、ターゲットが狭まるということは、女性にとって非常に深刻な問題が生まれてくる。

 それは年齢の壁。男性はいくつになっても、というよりむしろ年齢が上がれば年収も地位も上がるので、婚活市場では売り手市場に継続的に参加できる可能性は十分にある。一方の女性は、だいたいが20代限定、よくても32歳まで。いくら若く見られるから、といっても身分証を提示するから、年収のように年齢はごまかせない。だから33歳を超えると、参加できるパーティが急激に減ってしまう。

 現在、私は33歳。20代だった頃は合コンも婚活パーティも結構参加し、それなりに楽しんできたが、今年になって久しぶりに参加してみようとインターネットを調べると、参加できるものがほとんどない……。

「女性が収入や肩書などで男性を選ぶように、男性が女性を選ぶ最初のポイントは年齢。20代女性限定とうたっている会は男性の集まりもいいのですが、30代や40代も可能となると、一気に参加者が減ってしまうんですよ」とはパーティの主催者。

 つまり、女性は30代も半ばになれば、婚活パーティでは参加資格すらなく、結婚相談所に登録しても見向きもされなくなる。普段仕事などで出会いがない限り、婚活のスタートラインにすら立てないという厳しい現状が待っている。

 周囲の独身アラサーたちも、妊娠のリミットギリギリになって結婚を焦るあまり、マンションを買ってみたり、マラソンに参加してみたり、遊びだと明らかにわかる人と付き合ってみたりと、とにかく迷走している人が多い。

「いつかもっといい人が現れる」なんて呑気に構えていた20代の自分自身を恨みたくなるほど、現在の婚活市場は30代女性にとって厳しい状況なのだ。
(文=大場真代/医療・健康ジャーナリスト)