NEW
牛窪恵の女ゴコロがブームを創る! 第12回「励まし系ダイエット」

女の浮気性が育むダイエットビジネス カギは“褒め合い”、体重・家賃連動シェアハウスも

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


※各業界の最新ニュースをお届けする新ニュースサイト「Business Topic」がオープンしましたので、ぜひご利用ください。

『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系列)などでおなじみの世代・トレンド評論家、牛窪恵氏。本連載では、8月23日に『男女1100人の「キズナ系親孝行、始めました。」』(河出書房新社)も出版した牛窪氏が毎回、賢くも楽しく生きる女子たちの“生態”を通じて、彼女たちが新しいマーケットやブームをつくりだしていく現実と可能性について探る。日本の将来は、女ゴコロしだい!?

 なぜ夏になると、たちは「痩せたい、痩せたい」と叫ぶのだろう?

 答えはカンタン、肌の露出が増えるこの時期、少しでも“美ボディ”を見せたいと願うからだ。女性誌でも、例年この時期は「ダイエット特集」が組まれるのが“お約束”である。


 ただその割には、すぐ挫折する女子も多い。20~30代女子に聞いたある調査でも、ダイエットを始めてから


 ・「3日坊主」  =12%
 ・「1週間で挫折」=17%

と長続きせず、1週間以内に挫折する割合(29%)は、男子の約2倍に上る(12年 ニフティ「何でも調査団」調べ)。

(出典:12年 ニフティ「何でも調査団 ~ダイエットについての本音・実態調査」)

 逆に言えば、長続きしないからこそ、新たなダイエット法が次々と登場。「今度こそは!」と、そのたびに勢いづく女子も多いのだろう。

●体重と家賃が連動?

 そんななか、12年11月、大阪府吹田市に体重と家賃が連動した「ダイエット向けシェアハウス」が登場したのをご存じだろうか?

 その名も「Beauty&Diet」。

 女性限定のシェアハウスで、最大の特徴は、体重によって家賃が変わる「体重連動型家賃システム」だ。