NEW
碓井広義「ひとことでは言えない」(3月10日)

別人作曲・佐村河内氏の美談捏造に加担したNHK、何を誤った?事実より感動優先

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月7日、記者会見を行う佐村河内守氏(撮影=山本宏樹)
「現代のベートーベン」と呼ばれていた作曲家、佐村河内守氏をめぐる騒動が続いている。代表作にしてヒット作である『交響曲第1番 HIROSHIMA』をはじめ、東日本大震災をモチーフに生まれたという『鎮魂のソナタ』などの作品が、別の人物(新垣隆氏)によって作曲されていたことが判明したのが2 月。さらに、広島生まれの被爆二世である佐村河内氏はこれまで、自身が全聾であることを公言してきたが、3月7日の記者会見では全聾ではなく難聴であったと告白し謝罪した。

 佐村河内氏が世間から注目された背景には、彼を取り上げ、礼賛してきた活字や映像といった多くのメディアの存在がある。中でも2013年3月31日に放送されたNHKスペシャル『魂の旋律~音を失った作曲家~』の影響は大きかった。番組は耳鳴りなどに苦しみながら作曲しているという佐村河内氏に密着取材を敢行。インタビュー映像もふんだんに流された。「闇の中からつかんだ音みたいな、そういったものこそ僕にとっては真実の音なんじゃないかな」などと語る全聾の作曲家は、番組内で一種のカリスマとして扱われていた。放送後はインターネット上に称賛の声があふれ、CDの売り上げも急増した。「NHKスペシャル」というブランドの力によるものだ。

 この番組の企画を提案し、密着取材を行った外部ディレクターはもちろん、NHK関係者は全員、本人が作曲していなかったことにも、全聾ではないことも気づかなかったことになる。いや、現時点では「自分たちも騙された、嘘を見抜けなかった」と言い張るしかないだろう。この2点を知りながら番組を制作し、放送したのであれば、佐村河内氏の虚像づくりに加担して視聴者を、そしてCDや本の購入者を欺いていたことになるからだ。

 実は、この番組内では、佐村河内氏が作曲しているシーンや楽譜に書き込んでいる映像は流されていない。前述のディレクターによれば、佐村河内氏が「神様が降りてくる神聖な瞬間なので、見せることはできない」と言って、作業は絶対に撮影させてくれなかったという(「AERA」<朝日新聞出版/2月17日号>より)。その代わりに、佐村河内氏が苦悶の声をあげながら床を這いずり回ったり、出来上がった譜面を持って部屋から出てきたりする映像は見せていた。だが、肝心のシーンはなかったのだ。

 もともと、佐村河内氏を取材対象とした理由に、耳がまったく聞こえないのに作曲する、普通ではあり得ないことをしている人という“物語”があったはずだ。その場合、あり得ないことが起きている事実を映像で押さえないまま、番組として成立させたことに問題がある。

 なぜそうなったのか。事実よりも、「現代のベートーベン」という“物語”と、それがもたらす“感動”を優先させたためだ。

●NHK、過去にも物議を醸した番組

 ここで思い出すのが、02年4月28日放送のNHKスペシャル『奇跡の詩人~11歳 脳障害児のメッセージ~』である。脳に障害を持ち、話すことも立つこともできない少年が、文字盤を使って詩を書き、詩集も出版しているという。少年は不自由な手で文字盤を指さし、母親が読み取る。その二人三脚の創作現場を取材した番組だった。

 ところが普通に番組を視聴していると、どうしても母親が文字盤自体を移動させているようにしか見えない。「こうあって欲しい」という母親の切なる願いは伝わってきたが、視聴者側が事実として受け止めるには無理があった。同時に、目の前で見ているはずの制作者はどう判断していたのかが気になった。その後、内容が問題視され、検証番組までつくられたが、疑惑は払拭されないまま現在に至っている。

 重度脳障害の少年詩人と、被爆二世で全聾の作曲家。どちらも美談になりそうな題材であり、視聴者の感動を呼ぶドラマチックなストーリー性がそこにある。だが、そんな時こそ制作者は虚実に敏感であるべきだし、冷静で客観的な目を持つべきだ。NHKには、前回にも増して事実と真摯に向き合う検証番組の制作を望みたい。
(文=碓井広義/上智大学文学部新聞学科教授)

●碓井広義(うすい・ひろよし)
上智大学文学部新聞学科教授。1955年、長野県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年、テレビマンユニオンに参加し、20年にわたってドキュメンタリーやドラマの制作を行う。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授などを経て2010年より現職。専門はメディア論。放送を中心に、メディアと社会の関係を考察している。北海道新聞、日刊ゲンダイ、月刊民放などに放送時評を連載中。著書に「テレビの教科書」ほか。民放連賞特別表彰部門「放送と公共性」審査員。放送批評懇談会理事。