NEW

神戸女児殺害事件、君野容疑者の知的障がいに疑念 生活保護受給目的の詐病か?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
君野容疑者の住居アパート(筆者撮影):「住居内はゴミ屋敷だった」(捜査関係者)

 神戸女児殺害・死体遺棄事件は、君野康弘容疑者の逮捕、これまで見つからなかった腰骨などが、山林に棄てられていたポリ袋から発見されたことで、ひとまずの区切りを迎えた。全国紙社会部記者によると、事件はこれから“第2幕”を迎えるという。

 事件の第2幕とは何か。それは、事件が起きた背景を探ることだ。君野容疑者のこれまでの経歴を追ってみると、水産高校卒業後に九州の陸上自衛隊に入隊したが、退職後には食品卸会社など複数の職を転々とし、風俗嬢に養ってもらっていた時期もあるようだ。広島、大阪と渡り歩き、その間、傷害、窃盗など多数の容疑で検挙されており、服役した過去もある。捜査関係者の話では、「暴力団に関わっていたこともある」という。

 兵庫県・神戸にやって来たのは2008年5月のことだ。3年後の11年夏には、累犯窃盗の罪で有罪判決を受け、13年5月まで関西地方の刑務所に服役している。出所後、事件発生現場となった現在の住居アパートでも、騒音問題などで隣人とトラブルになったほか、上半身裸で公道に寝るなどの奇行が多々見受けられている。アパート近くの酒店店主は「焼酎をよく買って飲んでいた」と話す。その焼酎を路上で飲む姿も、近隣住民に多数目撃されている。

 君野容疑者と同じアパートの住民は、「もしかしたらとの思いはあったが、本当に自分の近くに容疑者がいたことに驚いている」と語る。

 殺害された生田美玲ちゃんと君野容疑者の接点が「猫」だったことは、すでに各メディアでも報じられているが、君野容疑者と同じアパートに猫好きな住民がおり、その住民は自分の飼っている猫を1匹、君野容疑者に譲り渡したという。その後、近隣に住む美玲ちゃんと、その友人A子ちゃんが、「猫を見せて」と時々遊びに来るようになったという。この住民は「もし、君野容疑者ではなく、自分のところで猫を見せてあげていたら、こんなことにはならなかった」と悔やむ。