NEW
「ココロに効く(かもしれない)本読みガイド」山本一郎・中川淳一郎・漆原直行

カネで口うるさい連中を黙らせるのは正しい、という考え方はお金持ちになるために大切である

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『お金持ちになる習慣 「生きたお金の使い方」が身につく本』(清流出版/加谷珪一・著)
【今回取り上げる書籍】
『お金持ちになる習慣 「生きたお金の使い方」が身につく本』(清流出版/加谷珪一・著)

 世の中に「お金持ち本」は数多いが、本書には「典型的日本人」であるAさん(男性)とB子さん(女性)が何度も登場し、読者にとって身近な「お金の貯め方」について著者が解説する体裁をとっている。ほかにも「女性社長」(成功者の象徴)や、「Aさんの友人」(何かとうまくやる人)が登場し、この人たちのお金にまつわる成功ストーリーに触れ、AさんもB子さんも「私はこれでいいのだろうか」と悩むのだ。

「Aさんの友人」がマンションを買ったと聞くと、Aさんは「やはり身近な人がマンションを買うのを見ると、心が少しざわつきます。ただ、マンションの金額やローンの期間などを聞くと、げんなりしてしまうのも事実です」という状態になる。このような小市民的ケーススタディが続くのだ。

 ほかにも、「おごるべきかおごらないべきか」「賃貸住宅と分譲住宅どちらがいいか?」といった二元論も多数登場し、お金の使い方、貯め方について本書は判断材料を与えてくれる。

 著者はそれなりにお金を持っている人物ではあろうが、もしかしたら相当な常識人なのでは、という読み解き方を私はした。例えば、ある時著者は結婚式の二次会幹事を担当したのだが、会費を経費よりも安くし、差額は自腹を切ったのだという。その理由は以下の通りである。

「参加者の中に、確実に会費が高いとイチャモンをつける人がいることがわかっていたからです。そのような人と論争するのはまったくの時間のムダでしかありません。かといって、その人が満足できるような価格の店にしてしまっては、全体のクオリティが落ちてしまいます」

 恐らくは、具体的に誰がそのイチャモンをつける人なのかは念頭に置かれていたのだろう。こうして、余計な波風を立てることなく、「一部の口うるさいヤツを黙らすには多少のカネをかけてでも自分が損すれば、大局的に見ればトクする」と考えたのだ。ここで「カネで解決しやがって……。オレは自分の懐を痛めたくない」と思うもよし、「幹事として円滑に進めること、一生モノの結婚式二次会で参加者も新郎新婦も満足させるのであれば、カネは多少かかっても仕方ない。長い目で見ればその方がトクする」と思うもよしである。