NEW

村上ファンドが完全復活!あの男が娘と最強タッグで本領発揮 狙われた企業は大混乱

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「黒田電気 HP」より
村上ファンド」と呼ばれ一世を風靡した、M&Aコンサルティングなどの創業者・村上世彰氏の娘が「物言う株主」としてデビューした。村上ファンドの元関係者が運営するC&Iホールディングスとグループ企業の南青山不動産は、電子部品商社の黒田電気に対して臨時株主総会の招集を請求した。

 両社の最高経営責任者(CEO)は野村絢氏。村上氏の長女である。慶應義塾大学卒業後、モルガン・スタンレーMUFG証券に勤務。2年半前にC&Iグループに入り今年6月、CEOに就任した。

村上氏ら4人の社外取締役選任を株主提案

 野村氏の初戦の相手は黒田電気だ。臨時株主総会の招集を請求し、村上氏ら4人の社外取締役の選任を求めた。

 取締役候補者の中で関係者が注目したのは鈴木俊英氏だ。同氏は野村證券出身で、村上ファンドにおいてマネージングディレクターをしていた。村上ファンドの解散後はオムロンに転職、グローバル戦略本部経営戦略部参事を経てルネサスエレクトロニクスに転じ、執行役員常務兼CEO室長を務めた。しかし、オムロン出身の作田久男氏がCEOを退任するのに伴い今年6月、ルネサスを退職した。

 他の社外取締役候補はシンガポール・Scentan Venture Partners Limitedの 取締役である金田健氏と、オリックス出身でC&Iグループの投資会社レノ社長を務める福島啓修氏だ。

 C&Iは、南青山不動産や村上氏個人の持ち株を合わせると、黒田電気の発行済み株式の14%強を保有しているという。今年4月初め、村上氏による5%超分の保有が明らかになり、「物言う株主」が何を仕掛けてくるか注目されていた。

 提案理由について、「株主の目線による適切なガバナンス(統治)がなされていない。今後3年間は利益の100%を株主に還元することが十分可能である。M&A等を積極的に進めていくことによって、現在の中期経営計画(2018年3月期の売上高4000億円、営業利益130億円)の実現を前倒しするとともに、売上高1兆円企業の実現を目指すべき」と主張。これらの施策を推進していくのにふさわしい社外取締役4人の選任を求めた。

黒田電気は配当を大幅に引き上げて対抗

 黒田電気は7月10日、C&Iが請求した臨時株主総会を8月28日に開くと発表したが、村上氏ら4人の社外取締役選任を求めるC&I側の株主提案には反対すると表明した。現在、取締役6人のうち半数の3人が社外取締役で、「ガバナンス体制は十分に機能しており、追加選任は不要」とし、村上氏が「大株主の利益を優先する可能性を否定できない」などと反対理由を説明している。