NEW
舘内端「クルマの危機と未来」

自動車メーカーに忍び寄る“重大な危機”?エンジン車もハイブリッド車も走れなくなる日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 EUは、極めて強力に二酸化炭素(CO2)削減計画を進めている。地球温暖化防止の目標のひとつが、18世紀に始まった産業革命前の地球の平均気温に対してプラス2度以内に収めることだ。この目標を達成するためには、空気中のCO2濃度を450ppm以下に抑えなければならず、CO2排出量は現行の半分にする必要がある。先進国は途上国に比べて排出量が多いので、80%以上の削減が必要だ。

 こうした状況に対して、環境大国のドイツは2020年までに1990年比40%、50年までには同95%というCO2削減計画を打ち出している。またスウェーデンは20年に同40%削減し、50年には排出量をゼロにするという。

 当然、全排出量の20%前後を占める自動車のCO2削減もターゲットである。日本ではとても考えられないようなCO2排出規制が実施されるのである。

 例えば、現在はタイヤ等の装備も含めて120g/kmの規制値は、20年には95g/km以下へと強まり、さらに25年には70g/km前後の規制案が浮上している。つけ加えれば、20年になったら95g/kmにすればよいというものではなく、年ごとに削減しなければならない。15年の規制基準値に対し、規制初年度の12年に65%、13年に75%、14年に80%の達成が義務化されていた。

 ちなみに95g/kmをガソリン車で燃費に換算すると、リッター24.4kmである。ディーゼル車の場合は、燃料の軽油の炭素量が多いのでリッター27.5kmである。

 ただし、これはEUの測定モードの場合だ。それよりも緩い日本のJC08モードでは、さらに高い燃費を出さなければならない。JC08ではおそらくガソリン車でリッター30km、ディーゼルでリッター34kmほどではないだろうか。

 しかも、この値は当該自動車メーカーが販売した自動車の台数を勘案した上での平均値である。その上、15年の規制では平均値が1gオーバーすると1台当たり95ユーロの罰金が科せられる。当該自動車メーカーが払う罰金は、これに販売台数を乗じた金額となる。場合によっては数千億円の罰金もあり得る。さらにこれは10年後や20年後ではなく、5年後の話であり、年々確実にCO2排出量を減らさなければならない。

 では、自動車メーカーは、どうすればいいのか。いかに燃費の良いエコカーをつくっても、売れなければメーカー平均値は下がらないから、売れるエコカーを開発する必要がある。