NEW

かっぱ寿司、「安くてまずい」悪評覆す窮余の一策は?激変する回転寿司業界

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「かっぱ寿司 HP」より
 大手回転寿司チェーンのファミリーレストラン化が加速している。

 ゼンショーホールディングス傘下の「はま寿司」は8月6日、「旨だし鶏塩ラーメン」を発売した。

 業界3位のくらコーポレーションが展開する「無添くら寿司」は、すしシャリを使ったカレーライスを7月31日に発売し、テレビCMで大々的に広告するなど、力を注いでいる。くら寿司は昨年も「イベリコ豚丼」や「イベリコとんこつラーメン」がヒットし、新たな客層開拓に成功している。

 業界最大手のあきんどスシローが展開する「スシロー」も、昨年4月に「出汁入り鶏がら醤油ラーメン」を発売したところ、1カ月で100万食を売り上げた。ほかにも、クレープすしやオムライすしなどの子ども向けメニュー、複数のうどんメニュー、「苺ミルフィーユパフェ」などスイーツのラインナップも増えている。

 回転寿司業界の市場規模は、2012年度までしばらく横ばいだったが、ここ数年アベノミクス効果もあってか、わずかに拡大傾向にある。なかでも、あきんどスシロー、くらコーポレーション、「アトムボーイ」などを展開するアトムは高い伸び率を示している。各社は、この上昇基調に乗って顧客層の拡大と客単価増を狙ってサイドメニュー開発に力を入れている。

注目を集める、かっぱ寿司

 そんな勢力争いが繰り広げられるなか、業界2位のカッパ・クリエイトホールディングス(HD)が注目を集めている。昨年12月、居酒屋「甘太郎」などを展開するコロワイドに買収された。2期連続で赤字となり、展開する「かっぱ寿司」の不採算店を続々と閉鎖していた最中での買収劇だった。

 かっぱ寿司は業界内でも特に食材の輸入率が高かったが、アベノミクスの円安政策で海外から調達する食材が高騰し、コスト高に悩まされたのが最も大きな要因といわれている。

 なんとか売り上げを伸ばそうと、ファミリーマートで弁当を販売するなど手を広げたが、思うように効果は出ず、一方で店舗閉鎖に伴う損失や営業損失、減損損失などマイナスは膨らみ続けた。

 業界全体が好調にもかかわらず、かっぱ寿司は消費者に定着した「安くてまずい」という悪評を払拭できず低迷している。状況はマクドナルドとよく似ている。一時期、かっぱ寿司の原価率は30%台だった。