NEW
「もう結婚に恋愛は要らない! ~恋愛しない若者たち」 第1回 

恋愛したくない若者たち!7割は恋人なし「面倒、デート疲れる…」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0629_sinkanjp.jpg
『恋愛しない若者たち ~コンビニ化する性とコスパ化する結婚』牛窪恵/ディスカヴァー21
 9月末、筆者の新刊『恋愛しない若者たち ~コンビニ化する性とコスパ化する結婚』(ディスカヴァー21)が出版される。テーマは「恋愛しなくても、結婚はできる!」。実はここ数年、20代男女から、「恋愛は面倒」「コスパに合わない」との声をよく聞く。一方で、9割の若者は言うのだ。「いつかは(恋愛)結婚したい」と。

 この矛盾を解消するためには、「結婚に恋愛は要らない」と、いったんスパッと切り離して考えるしかない。それが本書を執筆したきっかけだった。

20代は「恋人がいらない」?

 現在、20代の7割が「恋人ナシ」だという。複数のデータで確認してみよう。

 まず、ブライダル情報などを提供するリクルートマーケティングパートナーズの2014年調査によると、現在「交際相手ナシ」の20代は、女性で60%、男性では76%。両者平均で7割に及ぶ。

 また、結婚相談所オーネットの今年の調査で「20歳」の時点だけ切り取るとさらに少なく、女性7割強、男性8割弱は、彼氏・彼女がいない。恋人ナシは、堂々のマジョリティだ。

出典:14年/リクルートマーケティングパートナーズ

 これが30年前、「恋愛至上主義」に浮かれたバブルの時代ではどうだったか。

 国立社会保障・人口問題研究所の調査では、バブル予兆期~最盛期にあたる1982年、87年の段階で、若者の「恋人ナシ」(18~34歳)は、女性の35%、男性の43%しかいなかった。裏を返せば、6~7割の男女に彼氏・彼女がいたわけで、今とはほぼ真逆だったわけだ。

「Thinkstock」より

 さらに、以前は「恋人ナシ」の男女のほとんどが、「彼氏、彼女がいたらいいのになぁ」と考えていた。クリスマス前になると焦って恋人探しをしたのも、ひとえにそのせいだろう。

 たとえば、2000年。わずか15年前の時点でも、20歳男女のなんと9割が、「恋人が欲しい」と答えていたのだ(00年/オーネット)。

『恋愛しない若者たち ~コンビニ化する性とコスパ化する結婚』


恋愛至上主義の終焉と結婚の危機! 恋愛とセックスと結婚の三位一体は崩壊!

amazon_associate_logo.jpg