NEW

VW不正を特殊と片付けて良いか? 日本メーカーも検査条件下のクリア自体は普遍的

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界が驚いた排気ガス不正


フォルクスワーゲン・ゴルフ(「Wikipedia」より/CEFICEFI )
 2015年9月の米国環境保護局による独フォルクスワーゲン(VW)の排気ガス規制に関する不正告発は、自動車業界のみならず世界に大きな衝撃をもたらした。VWはトヨタとの間で生産、販売台数世界一を争ってきたこと、14年においては1100万台の生産を果たしてトヨタを抑えて世界第1位に立ったばかりだったことは周知の事実だったからだ。VWの今後の販売、業績の落ち込みは避けられないだろうと多くの人が予想している。

 まず今回の不正の内容を少し詳細に見てみよう。

 VWはディーゼルエンジンの排気ガス規制をクリアするために、実走行時と検査時を識別し、検査時だとわかった場合には燃料や空気濃度、排気循環などの変数を検査に適合させる一方、実走行時には燃費や走行性能など日常の性能を最適化するソフトを搭載していたという。その結果、実走行時の排ガスは検査時と比較して、例えばNOxは40倍の水準に上っていたという。このような着想やソフトの技術などのアイデアそのもの、開発の技術水準は優秀なものであろうが、まさに本末転倒である。

欧州乗用車市場で主流となったディーゼル車


 そもそも、ディーゼルエンジンは軽油を高圧縮比で燃焼させる内燃機関であり、少ない燃料で長い距離を走ることができる高い効率性を実現し、低回転から高いトルク(ちから)を発揮してパワフルな走りを味わえる。また、「低燃費であれば二酸化酸素(CO2)排出も低レベル」との認識から、ハイブリッド車よりもCO2の排出量が少ないと評価される。走行性能も高く、燃費もよく、CO2排出が少ないなどの要因から欧州市場では高い人気があり、近年では新車販売の過半はディーゼル車となっている。

 他方、日本でのディーゼル車に対する印象はこれとは異なる。振動や音が大きく、排気ガスも煤煙が多い、特殊なエンジンであるので、経済性を重視する商用車に使用され、静粛で清潔な乗用車には不向きであるという評価が一般的である。そのため、各社が製品ラインナップにディーゼル車を持っているものの、ごく一部のユーザーの支持を受けているにすぎない。アメリカ市場でのディーゼル車に対する評価も、日本に類似している。アメリカの乗用車市場ではガソリンエンジン車が主流である。

アメリカ市場での再起を目指したVW


 VWは世界生産、販売においてトップクラスの企業であるが、最大市場の一つであるアメリカ市場でのシェアは、過去の米国生産車の品質問題による失敗のため、決して大きくない。VWが世界一の地位を確かなものにするためには、欧州、中国の各市場に続き、アメリカ市場での地位を盤石にすることが不可欠である。その切り札の一つが、ライバルの日本メーカーが不得意とするディーゼル車の拡販であった。