NEW
鈴木貴博「経済を読む目玉」

米国政府が恐れる、最もショッキングな未来予測…世界の変化を引き起こす根本的要因

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『シフト 2035年、米国最高情報機関が予測する驚愕の未来』(「Amazon HP」より)
 年末年始のこの時期は、私のような経済アナリストにとってはこれからくる次の年がどのような年になるのかをじっくりと考える、そんな時期に相当する。その目的で何冊か、近未来の予測に関連する書籍に目を通すのがこの時期の習慣なのだが、なかでも目を引いたのが米国政府の国家情報会議で未来シナリオをまとめるチームを率いていたマシュー・バロウズ氏の著書『シフト 2035年、米国最高情報機関が予測する驚愕の未来』(ダイヤモンド社刊)という一冊である。


 今回はマシュー・バロウズ氏が提供する情報をもとに、それが来年以降の未来について意味するところを私なりに噛み砕いて説明したいと思う。

 そもそも米国家情報会議は大統領のために中長期的な予測を行う諮問機関で、最近まで米中央情報局CIAの機構に組み込まれていた。バロウズ氏もCIA出身である。国家情報会議が作成するレポートには、大統領向けに書かれる機密性の高い報告書以外に、4年に一度「グローバルトレンド」と呼ばれる対外的な未来予測レポートが作成され、全世界に向けて公開される。これは、いわば世界中の政治経済にかかわる人々にとって未来戦略を考えるに当たっての指針を与えるのが目的である。

 そしてバロウズ氏はこれまで5回発表されたグローバルトレンドのレポートのうち、直近の2回において主筆を担当した人物だ。『シフト』は国家情報会議を離れたバロウズ氏が、過去の仕事の延長線上にある近未来のグローバルトレントについてまとめた本になる。

 本稿では、『シフト』の未来予測の細部には触れない。というのは非常に多くの分野にわたる意味のある未来予測レポートなので、短いこのコラムでは触れきることができないからである。今回は『シフト』が問題提起をする一番の根源の部分について、一緒に考えてみたい。

 それは、米国政府が恐れる未来の最大のリスク要因についての話である。その根源について順を追って紹介しよう。

世界中で起きている混乱の要因


 まず、今世界中で起きているさまざまな困難や混乱について、バロウズ氏はそのようなショッキングな出来事の連続こそが「新しい現実である」と捉える立場で、未来を予測している。なぜ、それらがたまたま起きた不測の事態ではなく新しい現実なのか。それを引き起こす要因をバロウズ氏は4つ示している。それは、「個人へのパワーシフト」「世界の多極化」「技術革新」そして「人口爆発と気象変動」である。