NEW

コカ・コーラの危機…サントリーが首位奪取目前、米国本社の直接支配強化で独立性消失か

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コカ・コーラウエスト本社(「Wikipedia」より/そらみみ)

 コカ・コーラグループの東西会社が統合する。国内でコカ・コーラブランドの清涼飲料の製造・販売を手掛けるコカ・コーライーストジャパンとコカ・コーラウエストが経営統合に向け協議を始めた。

 統合を決めた2社は、米コカ・コーラ製品を瓶詰めなどして日本国内で販売する「ボトラー」と呼ばれている。イーストの2015年12月期の連結売上高は前期比7.6%増の5631億円、営業利益は15.3%増の107億円。ウエストの15年12月期の連結売上高は3.8%増の4404億円、営業利益は29.6%増の142億円。両社の売上高は単純合算で1兆円を超え、国内でコカ・コーラ商品の9割を取り扱う巨大ボトラーが誕生する。

 日本のコカ・コーラの歴史は、ボトラーの新設・再編の歴史といっていい。コカ・コーラが日本の飲料業界の王者であり続けるのは、ボトリングシステムの賜物である。フランチャイズシステムでいうと原液メーカーがフランチャイザー、ボトラーがフランチャイジーにあたる。ボトラーは原液メーカーとは資本関係のない独立資本である。

 米国から原液が供給され、各地のボトラーが製品に仕上げ、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、自動販売機に供給する。きめ細かく全国展開するために、地域ごとにボトラーをつくったことがコカ・コーラの圧勝できた要因だ。

 しかし、成功をもたらしたボトリングシステムが、今では成長の足かせになっている。人員の重複や無駄が目立つようになってきたからだ。ボトリングシステムは、あまりにも細分化されすぎたため、再編の機運が高まった。主導したのは米国本社である。

 1999年、米国本社がボトラーの広域化を目指して設けたアンカーボトラー制度の国内第1号がコカ・コーラウエストジャパン(現コカ・コーラウエスト)である。北九州コカ・コーラボトリングが山陽コカ・コーラボトリングを吸収合併してウエストジャパンに商号を変更した。

 その後、ウエストは近畿が地盤の三笠コカ・コーラボトリングと近畿コカ・コーラボトリング、南九州コカ・コーラボトリングを買収。2015年には四国コカ・コーラボトリングを傘下に組み入れた。この結果、近畿、中国・四国、九州の西日本22府県を統括する巨大ボトラーとなった。

 日本コカ・コーラだけでなく、米国コカ・コーラがアンカーボトラーの設立に際し、直接出資するようになる。現在、ウエストの資本構成は、リコーが持ち株比率15.37%で筆頭株主。コカ・コーラ ホールディングズ・ウエストジャパン・インクは3.67%で第5位の株主だ。