NEW
沢木文「アナタの隣にいる転落女子」

都会型貧困女子が激増…女子力アップに病的にお金浪費で借金地獄、優位性見せびらかし

【この記事のキーワード】

, , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 私は、女性誌の編集者として20年近く活動している。そのなかで、多くの女性たちから話を聞いてきた。雑誌をつくる時に最も大切なのは、「生の読者の声」だ。それゆえ、リサーチが雑誌の鮮度を決める。今まで、雑誌の購買層に合わせて、10~40代の2000人ほどの女性に会った。


 彼女たちは、みなキラキラしていて、人当たりがよくポジティブだ。編集者側が「最近、周囲で流行っているブランドは?」「食べ物は?」「レストランは?」と話を振ると、東京の女性の間で流行っている最新情報を競うように教えてくれた。

 例えば、

「(高級フレンチの)ジャン・ジョルジュ・トウキョウに友達と行ってきたんです」

「先月、アメリカのパワースポット・セドナに一週間行ってきました」

「ハワイのオーガニックフード合宿に参加したんですよ。すごくデトックスになったんです」

というように。ピカピカの髪と肌と爪、そして、ほっそりとしたひざ上には、10~30万円クラスのブランドバッグの新作が鎮座していた。

年収300万円以下、非正規でも消費が止まらない女たち


 これが、年収500万円以上で実家に住んでいる“パラサイト系女子”であれば、「ふーん、そうなんだ」で終わる。しかし、前述のような話を語ってくれた女性たちは、どう考えても年収300万円程度、もしくはそれ以下だ。

 勤務先として有名企業の名前を出しているので、どんな仕事をしているのかを聞くと、「実は派遣なんです」という人も少なくなかった。しかし、2000年代の女性誌が取材対象者に求めていたのは“キラキラ感”だ。そのため、そういった“負の告白”は聞かなかったことにして、同僚男子のスペックや彼女たちの恋愛模様を重点的に聞き出していた。

 ハイブランドのアイテムを持ち、流行最先端のレストランに行き、習い事やエステ、整体などの自分磨きに余念がなく、話題のスポットに旅行する……彼女たちの話を聞きながら、「こういった過剰な消費を行うのは、他者からの評価を期待しているからではないか」と考えた。

 女性がブランドアイテムや経験をひけらかすのは、男性が高級腕時計やクレジットカードのランク、クルマを見せびらかす行為に近い。ちなみに、男性にとって、これらのアイテムは「ファルス(男性器)」の代用品ともいわれている。

「女子力アップ」の呪縛で借金300万円をリボ払い


 少し前に「マウンティング」という言葉が流行したが、その裏にあるのは「自分の優位性を知らしめたい」という欲求だ。

『貧困女子のリアル』

社会的に注目されている貧困女子はシングルマザーなどが多かったが、ここにきて、短大や大学を卒業した30代女性たちが貧困状態に陥っていることが表面化してきた。街金での借金、親からのDV、男性への依存など、悲惨な現状はネットや雑誌でも話題になり、反響は大きい。学歴があるのに、なぜお金に困るのか、なぜ人生を捨てたような日常になってしまうのか。親や上司の世代には理解しがたい驚くべき現実。そして意外に共感できるという同世代の女性たち。社会問題としての貧困女子を浮き彫りにする。

amazon_associate_logo.jpg

『不倫女子のリアル』

愛されたい女たちの逆襲がはじまった!?

ベッキー、宮崎謙介、桂文枝、乙武洋匡……。世間を騒がし、社会問題となりつつある“不倫”。今や芸能界以外でも不倫は横行、特に働く女性が主導権を握るケースが増えている。女性はなぜ不倫に走るのか。不倫するとなぜ世間からディスられるのか。円満な家庭でも不倫のリスクはあるのか。女性の社会進出とともに価値観や倫理観も変わってきた。実際に不倫をしている30~40代の女性へのインタビューを通して、都会型不倫の現況と社会的背景を探る。

amazon_associate_logo.jpg