NEW

ミスド、食べ放題がコスパ悪すぎ…10個食べてやっとペイ、胃がグロッキーな事態に

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミスタードーナツの店舗(撮影=編集部)

 ミスタードーナツが8月1日より、ドーナツ食べ放題「ドーナツビュッフェ」を導入店舗で順次開始していくことを発表した。しかしこれに対し、早くも「コスパが悪すぎる」「普通に買って食ったほうが安上がりではないか」「価格設定を見なおしたほうがよい」などと否定的な声が多く上がっている。

 今回の値段設定は、大人(中学生以上)1,200円(税込、以下同)、小学生以下700円でドリンク飲み放題、制限時間は60分という内容。ミスドのドーナツは平均130円前後で、高いものだと200円程度するものもある。さらにドリンクは200円~300円程度。

 つまり、高いドーナツ4つほどと、ドリンクを数杯お代わりすれば1,200円を超える。そこまで「コスパが悪い」と言われるほどでもないように思えるが、実はそこにはあるカラクリが隠されている。

 まず、ミスドはかなりの頻度でセールを開催し、ドーナツを108円で提供している。また、通常でもブレンドコーヒーとホットカフェオレはお代わり自由なのだ。これを考慮すると、ドーナツを10個は食べないと、わざわざ食べ放題で食べる必要はないだろう。

 ここで次に注目すべきはドーナツのカロリー。ミスドの人気商品を見ると「ポン・デ・リング」は232kcal、「エンゼルフレンチ」は201kcal、「オールドファッション」は328kcalといった感じで(ミスタードーナツ公式サイト、栄養成分より)、平均して250kcal程度だとわかる。つまり、食べ放題で“損をしないレベル”程度に食べようと思うだけでも、2,500kcalは摂取しなければならないのだ。しかも、60分という時間制限付きで。

メリット感じられない?


 ネットではこうした事実に気付いている人も多いようで、「ミスドはコーヒーお代わり無料だから、コーヒーとオールドファッションで何時間粘れるか、という店なのに、食べ放題60分1,200円って、俺は今頭が混乱している」「セールの時に10個買ってのんびり食べたほうがいいな」といった声も。

 月に2回程度ミスドを利用するという20代女性は語る。

「ミスドはコーヒーもお代わり自由でもあるので、しばしば利用します。店舗で商品をつくっているので、コンビニのドーナツに比べて“出来たて感”がありおいしくて好きですが、3つも食べればお腹いっぱいで、4つも食べてしまえば胸が気持ち悪くなってしまう。10個も食べないと元が取れないなんて、あまり食べ放題のメリットを感じません」

 また、ほかの20代女性も語る。