NEW

ファミレス、トイレの汚さワースト1位はデニーズ!女子用が長時間ペーパー切れ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デニーズの店舗(撮影=編集部)

 意外にも女性が飲食店を選ぶ際に重視するポイントとして「トイレの清潔さ」が挙げられることは、外食関係者ではよく知られている事実である。そこで今回は、ここ数年復調傾向をみせつつあるファミリーレストランチェーンのトイレについて、その「清潔さ」を探るべく、都内の大手ファミリーレストラン6店の女子トイレを現地調査した。

 まず、筆者の独断と偏見による「汚さワーストランキング」は、以下のような結果となった。

・ワースト1位:デニーズ
・2位:ガスト
・3位:ジョナサン
・4位:サイゼリヤ
・5位:ロイヤルホスト
・6位:ココス

※ランキング集計方法:入室時に感じる清潔感、清掃の行き届き具合、便座消毒用クリーナー・便座シート・除菌用アルコール・清掃チェックリストの有無、その他のプラス・マイナス点を元に独自に集計。

除菌用アルコールがない


 まずは、すかいらーくが運営するジョナサン。個室内には赤ちゃんのオムツ交換用の台が設置されていたほか、便座横の壁には高齢者や妊婦などが便座から立ち上がりやすいように手すりも。幅広い年代、家族への配慮が窺えた。

 残念だったのは、客が便座を清潔に使用するための消毒クリーナーやシートが備え付けられていなかったこと。また、手洗い台にハンドソープはあったが、最近ではさまざまな施設に設置されている除菌用アルコールは置かれていなかった。

 次に、同じくすかいらーくグループのガストへ。こちらはトイレに入ってすぐのところに、従業員がいつ清掃したのかが一目瞭然のチェックリストが掲示されていた。ちなみに今回調査した店のうち、客の目に触れる場所にチェックリストを置いていたのは同店のみ。調査時は、一時間前に清掃したばかりだとわかった。

 同じグループでも、こちらのガストの個室にはジョナサンのようなオムツシートや手すりはなし。だが、便座クリーナーやシート、除菌用アルコールがないという残念な点は共通していた。さらに、手洗い台下の棚の扉が中途半端に開いていて、隙間から掃除用具やゴミ箱が見える状態。閉めようとしても、扉が壊れているのかやはり少し開いてしまった。棚の中は綺麗に整頓されているようだったが、扉を修理したほうが良いと思われる。