NEW

「子供のラブドール」の世界的メーカー社長が、世間の誤解に反論…「最高のものをつくりたい」

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TROTTLAのドール

日本から届いた「子供のラブドール

 
 カナダ最東端に位置するニューファンドランド島の都市、セントジョンズ。北米で有数の長い歴史を持つこの街が今、性犯罪をめぐる奇妙な裁判で世界の注目を集めている。その焦点は、国際郵便で届いた「子供のラブドール」。発送元はほかでもない日本だ。

 事件の発端は2013年1月。トロント市のピアソン国際空港で、セントジョンズへ向かう大きなボックスに等身大の人形が入っているのが見つかった。現地報道によると人形は18歳未満の少女を再現しており、「性的な目的を満たす」よう設計されていたという。

 児童ポルノ事件として連絡を受けたセントジョンズの通関及び司法当局は、「おとり捜査」として人形を宛先の住所に配送。その上で同年3月に受取人の男(現在は51歳)を逮捕した。

「子供のラブドール」は児童ポルノになり得るか

 
 逮捕容疑は「児童ポルノ所持」「わいせつ物の配送」「禁輸品の密輸及び所持」。容疑者に前科はなく、逮捕後すぐ釈放された。裁判は判事の交代で延期され、本格的に始まったのは昨年からだ。有罪なら懲役7年が宣告される可能性がある。

 カナダの刑法は児童ポルノにとりわけ厳しく、実在の子供がモデルでなくても犯罪が成立する。11年には画像データ化した日本のマンガをカナダに持ち込んだ27歳のアメリカ人青年が、児童ポルノの所持及び持ち込みで逮捕されたことさえある(のちに無罪確定)。

 今回の事件はそのカナダで初の「子供のラブドール」をめぐる裁判として、特に注目を集めているわけだ。「表現の自由」の観点から取材しているアメリカ人ジャーナリストは今年1月、現地メディアに「これはアメリカなら罪に問われないと思う」と語った。

世界中で物議を醸したインタビュー記事


 ラブドールは世界中でつくられているが、幼い少女をかたどった製品は日本が特に有名だ。国内でこの種のドールを扱うメーカーは、4社ほどが知られている。

 なかでも最近特に海外メディアから注目を浴びているのが、東京都八王子市の TROTTLAだ。13年2月にもインターネットメディア「VICE.com」英語版の取材に応じているが、とりわけ同社を有名にしたのは、米誌「The Atlantic」が16年1月に掲載したインタビュー記事。そこでは「自らも小児性愛者としてその衝動と葛藤している代表者の Shin Takagi」が登場し、次のような主張を繰り広げる。

「子供のラブドール」の世界的メーカー社長が、世間の誤解に反論…「最高のものをつくりたい」のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、児童ポルノ事件子供のラブドールの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!