NEW

トランプ米国、世界の自動車産業を破壊…経営計画白紙化、ホンダと日産は一部で輸出激減

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トランプ米大統領(ロイター/アフロ)

 メキシコの自動車生産・輸出は好調だ。メキシコ自動車工業会(AMIA)がまとめた2017年1~2月の国内自動車生産台数(累計)は58万17台となり、前年同期に比べて7.7%増えた。米国向けが大半を占める輸出は4.5%増の45万2591台で全体をけん引した。

 米国では景気回復が続く。金利やガソリン価格が低く抑えられているため、利幅の大きい大型車の人気が高い。

 自動車・同部品メーカーにとって北米市場が稼ぎ頭だが、“トランプリスク”が垂れ込めている。ドナルド・トランプ米大統領は、北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しを打ち出し、メキシコで生産された自動車に高関税を課す考えを示した。今後の交渉次第では、メキシコからの輸出に影響が出かねない。

 メキシコでの1~2月の生産・輸出台数を詳細に見てみると、トランプ氏への対応の違いがはっきり出た。米フォード・モーターや本田技研工業(ホンダ)は生産・輸出台数を減らした。

 フォードの生産台数は前年同期比41.2%減、輸出台数は44.2%減と大幅に減少した。フォードは米国での雇用を奪われるというトランプ氏の批判を受け、いち早くメキシコでの新工場計画を取り消した。米国に生産拠点を集約するためメキシコ工場の生産を縮小しており、今後、メキシコから撤退するのではないかと推測されている。

 ホンダの生産台数は24.4%減で輸出台数は16.3%減。ミドルサイズの「CR-V」の生産分をメキシコ工場から米インディア工場に移管したことによる。1月6日付ロイターは、ホンダのメキシコ戦略の変更を、こう報じた。

「関係者によれば、ホンダは日本で生産する米国向け小型車『フィット』をメキシコ生産に集約する計画だったが、日本からの輸出を今まで通り続ける。また、今年からメキシコで増産する計画のある米国向け多目的スポーツ車(SUV)『HR-V(日本名:ヴェゼル)』も、日本からの輸出を検討している」

 メキシコでの新工場建設をトランプ氏からツイッターで名指し批判されたトヨタ自動車は、生産台数が12.7%増、輸出台数は10.5%増だった。

 マツダの生産台数は9.2%増、輸出は52.5%増と大きく伸びた。マツダは米国で販売する自動車の約3割がメキシコでの生産車となっている。

トランプ米国、世界の自動車産業を破壊…経営計画白紙化、ホンダと日産は一部で輸出激減のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、NAFTAトランプ大統領メキシコ日産自動車の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!