NEW

安心・安全のスバルブランド失墜…急成長の裏で不正横行、日産から不正の手口が伝承か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スバル・吉永泰之社長

「SUBARU(スバル)は安全・安心と楽しさを価値としてやってきた。安全・安心に関わるところに不安を与えることはブランドとしてもっともやってはいけないこと」(スバル・吉永泰之社長)。

 日産自動車に続いてスバルでも無資格者が完成検査を行っていたことが発覚した。米国、日本の新車販売が好調で、グローバル販売、業績ともに過去最高を更新するなど、成長を続けてきたスバルだが、思わぬ落とし穴にはまった。

 日産の無資格者による完成検査が発覚し、国土交通省は国内自動車メーカー各社に適正な完成検査を行っているか点検して報告するよう求めていた。今回のスバルの不正は、その社内調査で明らかになった。完成検査は型式指定を取得したモデルが道路運送の保安基準に適合しているのか完成車1台1台を検査するもので、顧客に安全な車を引き渡す前の最後の砦となっている。自動車メーカーは国に代行するかたちで、有資格者が完成検査を行っているが、資格については自動車メーカーごとに定めて国土交通省が認定している。

 スバルでは、完成検査員が完成検査を行うことを規定している。検査員となるためには、現場での完成検査の実務経験が必要とも定めており、検査員になる前の作業員が検査業務を国内の全3ラインで行っていた。吉永社長は「社内で悪いという認識のないまま行っていた」としており、30年以上前から組織的に不正な行為を繰り返していたことが明らかになった。

 スバルでは、無資格者が正規の完成検査員の印章を借りて完成検査済みの押印を行っていた。このため、無資格者が完成検査を行うことの違法性についての認識はあったとみられるものの、スバルでは「30年以上続けてきた制度で、現在の完成検査員もそうやって育ってきたので違和感を持つ人はいなかったのでは」(大崎篤執行役員・品質保証本部長)と、現場で不正の認識はなく、内部告発もなかったとしている。

 ただ、無資格者が正規の検査員の印章を借りて作業するやり方は、日産がやっていたのとまったく同じだ。スバルは1968年から2000年まで日産と提携しており、日産車を受託生産していたほか、長年にわたって社長に日産出身者が就いていた。このため、不正な完成検査方法は日産から伝わった可能性がある。スバルでは「日産からは提携していた時、さまざまなことを教えてもらったが、(不正なやり方を)採用したのは当社の問題」(吉永社長)としながらも「今後、精査する必要がある」(大崎執行役員)という。

安心・安全のスバルブランド失墜…急成長の裏で不正横行、日産から不正の手口が伝承かのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、スバル日産自動車神戸製鋼の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!