NEW

ラクスル、累積赤字36億円で上場困難か…「M資金」報道の玉塚氏が役員就任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 2015年頃からIPO(新規株式公開)の噂が出ていながら、いまだに上場を実現しない企業がある。インターネット印刷のポータルサイトを運営するラクスルだ。

 そのラクスルが、ローソン元社長の玉塚元一氏を社外取締役に迎えた。玉塚氏は、ユニクロを運営するファーストリテイリングの社長を2002年から3年間務めたほか、企業再生支援会社リヴァンプを創業した経験を持つ。10年にローソンに入社し、14年に社長、16年に会長に就任したが、三菱商事がローソンを子会社にしたのに伴い17年5月末に会長を退任した。

 だが、明らかに経営者としては不完全燃焼だ。ファーストリテイリングの社長は解任され、ローソンも不本意な辞め方をした。

「週刊新潮」(新潮社/4月27日号)は、『ローソン「玉塚会長」の退任の裏に「M資金」と「美人詐欺師」』とのタイトルでスクープ記事を掲載した。スター経営者である玉塚氏がローソン会長を退任したのは、“M資金”の世界で蠢く怪しい面々とかかわりがあったからだと、いわんばかりの内容だった。

 ローソンを辞めた玉塚氏は、6月からデジタル製品のテストを行うハーツユナイテッドグループの社長に就任した。ヤマハ発動機など複数の社外取締役を兼務しているが、今度はラクスルの社外取締役に就いた。

 産業界で豊富な経験を持つ人物がスタートアップ企業の役員になるのは珍しい。

ラクスル、累積赤字36億円で上場困難か…「M資金」報道の玉塚氏が役員就任のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ハコベルヤマトホールディングスラクスルローソン玉塚元一の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!