NEW

皐月賞(G1)サインは高畑充希の「手抜きCM」!? 「鉄板級」キタノコマンドールに一矢報いる「今だから買い頃」の穴馬たち

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皐月賞(G1)サインは高畑充希の「手抜きCM」!? 「鉄板級」キタノコマンドールに一矢報いる「今だから買い頃」の穴馬たちの画像1

 15日に行われる皐月賞(G1)は、昨年9番人気→4番人気→12番人気で決着し、三連単が100万馬券を記録したレース。今週末には雨予報もあり、先週の桜花賞(G1)こそ堅い決着だったが、今週は一波乱ありそうだ。

サイン馬券」の定番となる世相で占うのであれば、単純に未だ事務所騒動で世間を騒がせているビートたけしが命名したキタノコマンドールで間違いなさそうだが......。

 また、今年の皐月賞でプレゼンターを務める高畑充希は、昨年のエリザベス女王杯(G1)でもプレゼンターを務めており、その時に勝ったのがモズカッチャンに騎乗していたM.デムーロ騎手。これもキタノコマンドールの後押しになる。ここは堅いのか......。

 他に気になるのはJRAの「CM」だ。高畑充希がメインキャラクターの1人を演じているだけに、こちらも軽視はできない。

 だが、今年のここまでのJRAの「CM」には、どこか"手抜き感"を覚えざるを得ない。

 というのも、高松宮記念と大阪杯のCMがロゴを替えただけの「ほぼ同じもの」であり、今回の皐月賞も桜花賞とほぼ同じである。『HOT HOLIDAYS!』と銘打たれた松坂桃李、柳楽優弥、高畑充希、土屋太鳳の4人組も2年目を迎えて、ネタが尽きてきたということだろうか。2週にわたって同じものを垂れ流し、まったく"ホット"でなくなっているから困りものだ。

 とはいえ、桜花賞と皐月賞が「セット」で扱われている点はサイン的に見逃せない。そこで先週の桜花賞で「結果」を残したJRAの「ヘッドライン」からサインを読み取ってみる。

 ちなみに桜花賞のヘッドラインは『春に咲き誇れ、一途な想いを桜冠に届ける』と、「春」「咲く」「桜冠」など『花』を連想させるものだった。

皐月賞(G1)サインは高畑充希の「手抜きCM」!? 「鉄板級」キタノコマンドールに一矢報いる「今だから買い頃」の穴馬たちのページです。GJは、競馬、サインタイムフライヤー皐月賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!