NEW

男性から女性に性転換した人は、赤ちゃんを産むことができるのか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
筆者提供

 こんにちは。江端智一です。

 今回は、「性同一性障害の女性が施術によって男性になった場合、法律上の父親になれるか?」「男性から女性になった人は、赤ちゃんを産むことができるか?」についてお話しいたしますが、その前に簡単に復習させていただきます。

 9月9日付当サイト記事『戸籍上の父は性行為の日で決まる?DNA鑑定のみで親子関係を決められないワケ』において、民法772条について説明いたしました。第1項では、「結婚中に妻が妊娠した場合、その子の血縁上の父がどこの誰であろうとも、今結婚している夫の子として戸籍に記載する」旨を規定しています。母が出産によって確定的に決まるのに対して、子を産む能力のない父の身分は不安定なのです。

 なぜ、このような法律が必要になるかというと、子が生まれてから何年も経過してから父子関係を否定できることになると、子を守れなくなるから――ということになっています。