NEW

テレポーテーション(瞬間移動)、世界で事例報告相次ぐ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世の中には、時として科学では説明できない不思議な出来事が起こる。そんな現象を我々は超常現象と呼ぶが、科学の発展とともに解明されてきたものもあれば、なおも解明されぬままのものも多い。そんな超常現象のひとつにテレポーテーションがある。テレポーテーションとは、ヒトや物体が離れた場所に瞬間的に移動する現象を指し、それをヒトが起こす場合は超能力としてとらえられる。

 我々が実際に目にする機会はほとんどないと思われるが、神話や伝説、民間伝承においては決して珍しい現象ではない。また、SFの世界でもよく取り上げられるため、超常現象のなかでも、概してイメージしやすいものといえるだろう。そんなテレポーテーションは、滅多に起こらない現象とはいえ、過去を振り返れば、世界中でいくつも報告されてきた。記録に残された出来事で、欧米では比較的ポピュラーでありながらも、日本ではあまり知られてこなかった古い事例のひとつを紹介することにしたい。



 1593年10月24日、スペイン人兵士のヒル・ペレス(Gil Perez)は、フィリピン治安警備隊の一員として、マニラにあるゴメス・ペレス・ダスマリニャス総督(1519-1593)の宮殿で警備を行っていた。その前夜、総督はルソン島沖のカカ島近くの海上で中国の海賊に襲われて命を落としていたが、ペレスは新しい総督の任命を待ちつつ、なおも宮殿の警備を行っていた。

 その日、任務で疲れ切っていたペレスは、壁にもたれ掛かり、目を閉じ、しばし休息を取ることにした。実は、それが運命の分かれ目となったのである。

「脱走兵」「悪魔の遣い」扱い


 ペレスが次に目を開けた時、そこはそれまで自分がいた場所とはどこか異なっていた。違和感を覚えながらも、ペレスは警備の任務を続けていたところ、見慣れぬ制服を着た数人の警備官がペレスを見つけ、何者なのかと尋ねてきた。ペレスは前日に暗殺されたダスマリニャス総督の宮殿で警備官を行っていると答えたが、彼らに知らされたのは、驚くべきことに、そこはメキシコシティーだったのである。

テレポーテーション(瞬間移動)、世界で事例報告相次ぐのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、テレポーテーションヒル・ペレス超能力の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事