NEW
岡田正彦「歪められた現代医療のエビデンス:正しい健康法はこれだ!」

大ヒットの血液をサラサラにする新薬、米国で年3千件超の死亡例…評価論文に重大な誤り

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 医療の世界では、「血液をサラサラにする」という触れ込みの薬が大ブームとなっています。しかし、その裏側に医師も知らない、とんでもない話が隠されていたことが明らかになりました。

 血液が何かのきっかけで心臓や血管の中で固まることがあります。この固まり(血栓)は、ときに血流に乗り脳の血管に詰まってしまいます。この状態が脳梗塞です。脳梗塞の発症を促すリスク因子がいくつか知られていて、そのひとつが心房細動と呼ばれる不整脈です。年齢とともに多くなり、60歳以上で2~4パーセントの人が罹っているとされているものです。

 脳梗塞のリスク因子を有する人たちに対して一般的に行われている予防法が、血栓ができないよう血液をサラサラにするという薬の服用です。昔から使われてきたのがワルファリンで、服用中は納豆を食べてはいけない薬としても知られています。ワルファリンは血液が固まる際に関与する物質(ビタミンK)の機能を止める働きをしているのですが、納豆にはそのビタミンKが大量に含まれていて、効果が帳消しになってしまうからです。また定期的に血液検査を行って、薬の量が適切かどうかをチェックしなければならないという不便さもありました。

 最近、ワルファリンに替わる新薬が相次いで開発されました。納豆を食べてもOKで、血液検査も不要という結構ずくめなのです。プラザキサ、イグザレルト、エリキュース、リクシアナなどの薬があります。互いに作用が似ていることから、まとめて直接経口抗凝固薬、通称DOAC(ドアック)と呼ばれています。

 ワルファリンもDOACも、ときには効きすぎて脳出血など重大な副作用が生じるという問題を抱えています。2009年、DOACのひとつが大規模調査を終え、ワルファリンと比較した評価結果が発表されました【注1】。それによると、脳梗塞を予防する効果はほぼ同じでしたが、副作用としての脳出血が新薬で明らかに少なかったというのです。

 この結果を受け、一連の薬は米国や日本などで発売が認可され、売れ筋ランキングの上位を占めるようになっています。

大ヒットの血液をサラサラにする新薬、米国で年3千件超の死亡例…評価論文に重大な誤りのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事