NEW

ビックカメラ、考えられないほど便利な家電5選!コスパ最高&機能も最小限!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビックカメラ有楽町本館(「Wikipedia」より/Jmho)

 家電量販店のビックカメラが2017年2月から販売を開始した、amadana監修のオリジナルブランド「TAG line by amadana」。「無主張と究極のニュートラル」というコンセプトで、必要最小限の機能とシンプルなデザインを追求したプロダクトの数々は、老若男女誰もが使いやすいアイテムとして注目を集めている。

 発売当初は、冷蔵庫、オーブントースター、電子レンジ、炊飯ジャーなどの生活家電をメインに取り扱っていたが、同年12月からはシリーズを拡充し、寝具や雑貨なども扱う「TAG label by amadana」(以下、TAG label)という新ブランドにリニューアル。メガネやクロスバイク、キャリーケースなど家電以外のアイテムも販売するようになった。ビックカメラのプライベートブランド(PB)のひとつとして、存在感を示している。

 そんなTAG labelでは、商品カタログとARアプリを利用することで、自分の部屋に実物大の商品をバーチャル表示できるという最先端のサービスも展開している。

 今回は、そんなTAG labelから「なくても困らないけど、あれば何かと便利」という、安価で意外と役に立つ家電を5つ紹介する(価格は税別、オープン価格)

AM/FM モバイルラジオ AT-OMR0011/780円


 最近はスマートフォンのアプリでラジオが聴けるようになったが、モバイルラジオは災害時や緊急時の備えとして1台は持っておきたいアイテムだ。

 TAG labelのモバイルラジオの特徴は、なんといっても800円を切る安さだ。その上、価格からは考えられないほど高性能。常時デジタル受信をするため、移動中でも聴いている放送局がズレることがないという。さらに、選局中は放送局と周波数が合うと同調ランプが光る仕組みで、同調状況が視認できるところも高く評価できる。また、インテリアとして自室に置いておくのにも適したデザイン性の高さも魅力だ。

USB付き電源タップ AT-MOUK20(2個口+USB2ポート)/1580円


 電化製品が増える一方のデジタル生活には必需品といえるタップだが、本品はコンセントだけでなくUSBポートも付いているので、多用途に使うことができる。

 ブランドの売りであるシンプルなデザインに加え、やわらかくてなめらかな肌触りのピーチスキン調のカバーを使用。頻繁にコードの抜き差しを行うアイテムだからこそ、こうした細やかな心配りがうれしい。さらに、場所を取らないコンパクト設計なので、パソコン周辺での利用やAV機器への接続も難なく行える。

 充電で使用する場合は、接続した機器を自動で判別して適切な電力で充電を行うため、効率がよく機器にも優しい。電子機器や家電を多く所持している人、コンセントまわりが散らかって困っているという人におすすめだ。

ヘルスメーター AT-WS11/1680円


 健康や体形管理に気を遣い、毎日の体重を測定して運動や食事を調整しているという人も多いだろう。最近の体重計は内臓脂肪や筋肉量なども詳細に計測できるものが主流で、シンプルに体の重量だけを教えてくれる商品を探すのは意外に大変だ。

 TAG labelのヘルスメーターは機能もデザインもシンプルで、サイズはコンパクト、価格は1680円と実にリーズナブルだ。乗るだけで電源が入り、降りれば自動で電源が切れる仕組みなので、いちいち腰をかがめてオン/オフの動作をする必要もない。「特別な機能はいらないので、とにかく毎日体重の計測だけをしたい」という人には、ぜひ手にとってもらいたいアイテムだ。

ビックカメラ、考えられないほど便利な家電5選!コスパ最高&機能も最小限!のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ビックカメラプライベートブランド家電の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!