NEW

倒産したJALが国から“特別扱い”で助けられ「純利益1兆円」を稼いでいた

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JALの機体(「Wikipedia」より)

 フジテレビジョンの新社長に、遠藤龍之介専務が内定した。6月下旬の定時株主総会を経て正式に就任する。持ち株会社フジ・メディア・ホールディングス(FMH)社長には金光修専務が昇格する。両社の社長を兼務する宮内正喜氏は会長になる。

 約30年にわたり「フジ・メディアのドン」として君臨してきた日枝久氏は、フジサンケイグループ代表を退任するが、フジテレビの取締役相談役として残る。“日枝院政”との辛口の評がある。

 遠藤龍之介氏は、芥川賞作家・遠藤周作氏の長男。幼稚舎から慶應義塾に通い、慶應義塾大学文学部仏文科卒業。1981年、フジテレビジョン(現FMH)に入社。編成部長、広報部長、広報局長などを歴任し、2010年に常務、13年に専務に就任した。広報部長時代の05年には、ライブドアの堀江貴文社長(当時)によるニッポン放送株買い占め騒動が勃発。報道陣への対応もした。フジテレビの黄金期と低迷期の両方を経験した世代だ。

 父親の遠藤周作氏(1923~96年)は、幼少時代を満州で過ごし、帰国後の12歳の時にカトリックの洗礼を受けた。慶應義塾大学文学部を卒業後、50年にフランスのリヨンに留学。帰国後の55年に発表した小説『白い人』が芥川賞を受賞し、小説家としてデビューした。

 代表作は『沈黙』(新潮社、66年刊)。江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭の目を通して神と信仰の意義を描いた歴史小説である。

 遠藤周作氏の生誕90周年にあたる2013年、当時常務だった遠藤龍之介氏は「週刊新潮」(新潮社)に、フジテレビへの就職決定時の忘れられない“父の言葉”を語っている。同誌は19年5月21日号に再掲載した。

 就職が決まった報告に行くと、父はこんな話をしたという。

<“先週、母さんと二人で湘南に食事に行った。江ノ島の砂浜を歩いていたら、足を取られて疲れてしまったので、舗装されている国道を歩いた。要するにそういうことだ”と言うのです。

 私は全く意味が分からず、“どういう意味ですか?”と尋ねると、“お前は本当に物分かりの悪い男だなあ。俺は作家で組織も守ってくれないから一人で歩かねばいけない。歩きにくい砂浜だったけどな。だけど砂浜は振り返って見ると、自分の足跡が見えるじゃないか。

 お前はサラリーマンになる。色々なところで守ってもらえるし、歩きやすい舗装道路を行く。歩きやすいかも知れないが、10年、20年経って振り返ってみた時、自分の足跡は見えないんだぞ”と言われました。

 せっかく就職が決まったのに、父親にそんなことを言われてすごくショックでした。>

 遠藤龍之介氏は、近年、視聴率の低迷に苦しむフジテレビのトップに就く。復活を成し遂げ、同社の歴史に足跡を残すことができるのだろうか。

日本航空の植木義晴会長は剣戟映画の大スター・片岡千恵蔵の3男

 2010年に経営破綻した日本航空(JAL)は、会社更生法の適用に伴う法人税の減免措置が19年3月期で終了。20年3月期からは通常の会社と同様の法人税率となる。

 JAL再建で中心的役割を果たしたのが、パイロット出身の植木義晴氏。現在、JALの会長だ。植木氏は昭和期の剣戟映画の大スター、片岡千恵蔵(本名・植木正義、1903~1983年)の3男。片岡千恵蔵は阪東妻三郎、大河内傳次郎、嵐寛寿郎、市川右太衛門、長谷川一夫とともに「時代劇六大スター」と呼ばれた。

 植木氏は撮影所がある京都府太秦(うずまさ)で生まれた。男4人、女1人の5人兄弟の4番目。兄、兄、姉、植木氏、弟で、千恵蔵49歳の時の子どもだ。

倒産したJALが国から“特別扱い”で助けられ「純利益1兆円」を稼いでいたのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事