NEW

悲惨なポスドク…東大博士号でも非正規、40代で就職活動、夢は中国で研究者

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
悲惨なポスドク…東大博士号でも非正規、40代で就職活動、夢は中国で研究者の画像1
東京大学の安田講堂(「Wikipedia」より/Kakidai)

 2018年のノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大学特別教授の本庶佑氏は、取材や講演のたびに若手研究者への支援を訴えている。思い返せば、大隅良典氏、梶田隆章氏、山中伸弥氏と、日本が世界に誇るノーベル賞受賞者たちは、みな口を揃えて基礎研究の大切さを訴え、資金を投入してほしいと危機を叫んでいた。

 実際に今、日本の大学などで基礎研究に携わっている「ポスドク」たちは薄給で就職先がなく、悲惨な状況に陥っているという。

悲惨な境遇で行方不明になるポスドクも

「ポスドク」とはポストドクターの略で、博士号(ドクター)の学位を取得しながらも安定した研究職に就けず、非正規の立場で活動を続けざるを得ない研究者のことを指す。日本では、ポスドクの多くが安定した就職口を見つけられないままアルバイトのように研究現場を渡り歩き、気づけば40歳手前になって民間企業への就職も厳しくなるというケースが激増している。

「悲惨の一言です。給料は月20万円に満たない上、研究では短期間で成果を求められるので、精神的に追い込まれる。出口が見えずにあえいでいる人も多く、どの研究所でも『ポスドクが行方不明になった』という噂を耳にします」

 そう語るのは、東京大学でポスドクをしている宮野良純(仮名)さんだ。宮野さんの専門分野は生物。生物系は研究できる機関が少なく、昔からポストに就くための競争は激しかったという。しかし、最近は様相が異なるらしい。

「以前はオーバードクターという問題でした。オーバードクターとは、博士号を取得しても就職できず、無償で研究室に残ってポストの空きを待っている状態です。今はとりあえずポストは増えたのですが、低賃金で将来性のないものが多く、安定した研究生活にたどり着くまでの道のりはさらに険しくなりました」(宮野さん)

 そもそも、ポスドク問題は国策によって生み出されたものだ。まず、1990年代初頭の「大学院重点化」政策によって、博士号取得者が急増。その受け皿が十分になかったため、文部省は96年度に「ポストドクター等1万人支援計画」を実施して任期制のポストを増加させた。とはいえ、常勤のポストは狭き門のままなので、かえって競争が激しくなり、安定した職に就けない研究者が不安定なポストを転々とし、高齢化していくという構図だ。

最近の夢は「研究者として中国で就職」

 日本の研究を支えているともいえるポスドクだが、その生活は想像以上に逼迫しているという。

「私も33歳になりますが、学生のときと同じアパートに住み、昼は学食、夜はコンビニ弁当という生活をずっと続けています。正直、このままでいいのか不安になるときもあります」(同)

 親からは「苦労して大学まで出したのに……」などとため息をつかれ、忙しいので彼女もできない。なんとか結婚しても、稼げないので生活は荒んでいく。

「研究に没頭したくても、結婚して子どもができれば、その夢をあきらめなければなりません。実際に、40歳過ぎの同僚が次のポストが決まらず就職活動を開始する姿を何度も見てきました」(同)

 この構図は、バンドマンがプロミュージシャンの夢を追いかける姿に似ていると宮野さんは語る。

悲惨なポスドク…東大博士号でも非正規、40代で就職活動、夢は中国で研究者のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、, , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事