NEW
田中圭太郎「現場からの視点」

チケットも格安設定…東京パラリンピック、全会場満員へ 魅力を目前で、想像超える体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京オリンピック・パラリンピック HP」より

 東京2020オリンピック・パラリンピックは、オリンピックに続いてパラリンピックも開催まで1年を切った。8月22日には観戦チケット抽選申し込みの受付が開始。大会1年前の8月25日にはカウンドダウンセレモニーも開かれた。

 パラリンピック本番では、各会場が満員の観客で埋めつくされる「フルスタジアム」の実現が期待されている。しかし、現時点ではどれだけ国内でパラリンピックへの理解が進んでいるのかは測りづらく、関係者はチケットの申し込み状況を期待と不安が入り混じった思いで注視している。

 パラリンピック開催の機運を盛り上げる取り組みは、ここ数年地道に行われてきた。そのなかで確実に理解が進んだ世代があるとすれば、それは子どもたちではないだろうか。パラリンピックがどのように浸透しているのか、現状をみてみたい。

究極の目標は「フルスタジアム」

 8月25日に大会1年前を迎え、東京都内では東京2020パラリンピック関連のイベントが相次いだ。パラリンピックのメダルのデザインが発表されたカウントダウンセレモニーのほか、23日から26日にかけてはパラスポーツが体験できる催しなどが都内各地で開かれた。

 これらのイベントの大きな目的は、8月22日から受付が始まったパラリンピックのチケットの販売につなげることにある。抽選申し込みの受付はインターネットのホームページで、9月9日の11時59分まで行われた。この間のアクセス数は約135万件。2425万件のアクセスがあったオリンピックの抽選申し込みに比べると、浸透度には差があると言える。

 開・閉会式のほか、車いすテニスや車いすバスケットなど、申し込みが殺到するとみられる競技もあるが、全体として事前にどれだけ販売枚数を伸ばせるのかはわからない。

 過去のパラリンピックで最もチケットが売れたのは2012年のロンドンパラリンピックで、278万枚が完売した。しかし、企業などが購入したものの、実際には埋まらなかった会場もあり、すべての競技会場が満員となる「フルスタジアム」とはならなかったといわれている。

 一方、2016年のリオデジャネイロパラリンピックでは、目標の250万枚に対して215万枚が売れた。これはロンドンに次ぐ枚数だが、当初は売れ行きが悪かった。オリンピックが盛り上がったことで、オリンピックが終了した直後に大幅にチケットが売れた、という状況だった。

チケットも格安設定…東京パラリンピック、全会場満員へ 魅力を目前で、想像超える体験のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事