NEW

NHKを「暴力団」呼ばわりした日本郵政副社長(元総務省事務次官)の“精神構造”

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK「暴力団」呼ばわりした日本郵政副社長(元総務省事務次官)の精神構造の画像1
野党合同ヒアリングに出席した日本郵政の鈴木康雄上級副社長(左端)(毎日新聞社/アフロ)

 日本郵政の副社長・鈴木康雄氏が10月3日、国会内での野党合同ヒアリングに出席後、集まった記者団に対し、NHKの取材姿勢について「まるで暴力団」と痛烈に批判したことが波紋を広げている。4日、テレビ朝日などの報道によるとNHK側は「(鈴木氏が『暴力団と一緒』と指摘するような)そうした発言はなかった」と全面否定。「言った、言わない」の水掛け論になりつつある。

「バカじゃねぇの」

 NHKの報道情報番組『クローズアップ現代+』は昨年4月、日本郵政グループのかんぽ生命保険の不正販売を報じた。さらに番組は続編放送のため、インターネット上で情報提供を求める動画を投稿していたが、日本郵政グループがNHKの最高意思決定機関・経営委員会に放送内容に対して抗議。同委が昨年、上田会長を厳重注意した。NHK側は動画を削除し、続編の放送を一旦見送った上で、今年7月に放送に至ったが、一部ではこれが「郵政側からの“圧力”にあたるのではないか」と、問題視されていた。

 日本郵政社長・長門正貢氏は9月30日の記者会見で、抗議について「深く反省している」と、コメント。番組の内容に関して「今となってはまったくその通り」と認め、抗議したことについては「当時はアンフェアと感じた」「郵政グループが悪の権化だと言われているように感じ、NHKが続編を制作していることに抗議した」と説明しつつ、「プレッシャー(圧力)を与えたつもりはない」とも主張していた。

 そんななか今月3日、鈴木氏は野党の合同ヒアリングでかんぽの不正販売問題について、顧客に不利益を与えたことを「申し訳ない」と謝罪しながら、NHKに対しては「(動画について)今もおかしいと思っている」「言われっぱなしで構わないわけじゃない」と発言。さらに、合同ヒアリング後には記者団の前で、NHK側から「取材を受けてくれれば動画を消す」と言われていたと明かし、「まるで暴力団と一緒。殴っておいて『これ以上殴ってほしくないならやめたるわ。俺の言うことを聞け』って。バカじゃねぇの」と、言い放った。

NHKは鈴木氏に反論

 各社報道によるとNHKは4日、この「暴力団」発言に反発し、「(鈴木氏に)面会に行っていた者からヒアリングをした。例えば『取材を受けてくれれば動画を消す』といったようなことを言ったことはない」と全面否定した。一方の鈴木氏は「7月30日とはっきり日付が残っております。その日にNHKのディレクターが来て『取材を受けてくれたら、過去2つの動画について削除する』とはっきり言い切っています」と再反論した。

NHKを「暴力団」呼ばわりした日本郵政副社長(元総務省事務次官)の“精神構造”のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事