NEW

隠れた“虐待”保育園が消えない理由…おぞましい実態、背景に保育士の過酷な勤務

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
隠れた虐待保育園が消えない理由…おぞましい実態、背景に保育士の過酷な勤務の画像1
事件のあった日の里西保育園(公式ホームページより)

 ブラック保育園が話題沸騰だ。読売新聞などによると、福岡県警捜査1課は21日、同県宗像市の私立認可保育所「日の里西保育園」の副園長、清原こづえ容疑者(40)を傷害の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、6月26日、園内であおむけに体を反らせる「ブリッジ」をして歩く遊戯をしていた同園の男児(6)を殴り、2週間のけがを負わせた疑い。事件発覚後、インターネット上では同保育園で起こったとされる数々の園児虐待の情報が流れている。

 各社報道をまとめると事件の概要は次のようになる。

 園児らがブリッジ歩きをしていると、こづえ容疑は他の園児より動きが遅い男児を見つけ、両頬を平手で殴った。母親が男児の頬が赤く腫れていることに気づき尋ねたところ、こづえ容疑者は「どこかにぶつけたのかも」などと説明。男児はその後、母親に「こづえ容疑者に叩かれた」と告白。病院で診察を受けたところ打撲など2週間のけがであることがわかった。

 県警の調べに対し、こづえ容疑者は保護者に対する説明から一転、「ブリッジの途中に泣いていたので、励ますために両頬にタッチするように触れただけ」と、子どもに触れたことは認めたものの、暴行そのものの行為に関しては否認している。

笑顔なき保育園

 現場となった保育園はこづえ容疑者の母、清原由鶴乎氏が別の経営者から一部保育士とともに引き継いだ。こづえ容疑者は海外で仕事をしていたが、2011年に副園長に就任したという。

 ところで、被害にあった男児はブリッジをして歩ていていたとあるが、どういうことなのか。どうやら、同園では「ヨコミネ式幼児教育法」という比較的に体育会系の指導方針を取っていたようだ。

 同教育法は、女子プロゴルファー横峯さくらさんの伯父、横峯吉文氏が提唱した教育法で、同氏が講師を務めるヨコミネ株式会社(鹿児島県志布志市)が全国各地に広めている。「体幹を鍛える」スポーツに力を入れ、体操、宙返り、逆立ち歩きの他、読み書きや計算などの学習カリキュラムを実施。理念として「過保護が『不登校・ひきこもり・家庭内暴力・思春期を乗り越えられない』など、人間としての自立に影響を与えている」と主張したうえで、「這えば立て、立てば歩めの親心」などと説いている。

 こづえ容疑者は同教育法を極端に独自解釈したのか、同園では園児のみならず同僚の保育士に対しても、いっさい甘えを許さない指導を行ったようだ。こづえ容疑者着任以降、同園では60人以上の保育士が退職。園児も多数退園したという。

隠れた“虐待”保育園が消えない理由…おぞましい実態、背景に保育士の過酷な勤務のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事