NEW
IT

転職サイトの“ただの私服姿写真”の女性モデルが「胸を強調」と猛バッシング浴びている件

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】転職サイトのただの私服姿写真の女性モデルが「胸を強調」と猛バッシング浴びている件の画像1
「フリー素材ぱくたそ」より(photo by すしぱく/model by 茜さや)

 社会全体で機運が高まっている男女共同参画運動。よほど極端な意見を持つ人以外、その趣旨に反対する人はいないだろう。しかし、ある日突然、インターネット上で「フェミニスト」を自称する人たちから議論のやり玉にされ、自分の職業や体格について誹謗中傷を受けたらどうだろう。そんな理不尽な事件が1月から今月にかけて発生していた。

 実業家兼グラビアタレントの茜さやさんだ。茜さんは秋田書店の『ミスヤングチャンピョン』のファイナリストなどを経て、現在はフリー素材のグラビアアイドルとして活躍していた。

「胸を小さくする手術をしないのは性を売り物にしている」

 事の発端はインターネット上に加工されて出回っていた茜さんの広告写真だった。転職支援サイトの宣材に用いられていたもので、「私服姿でカフェの椅子に座り、電話をかけている」というありふれた写真(文頭写真)だった。写真の公式クレジット表記は「朗報に笑顔が溢れるボーダー柄の服を着た女性のフリー素材」となっていた。しかし突然、次のようにTwitter上で議論のやり玉に挙がったのだ。

「わざわざ胸強調する三次元で釣ろうとするような所を利用したいと思わない」

 この投稿には賛否両論が殺到し炎上した。広告のあり方をめぐる議論は、やがてモデルの茜さん本人にも飛び火し、個人のTwitterアカウントに連日批判が書き込まれるようになった。批判の趣旨は「多くの人が目にする広告の写真に、胸を強調しているようにみえる女性を使うのはセクハラだ」ということだった。次第に茜さん自身の体格に関する誹謗中傷も増加していった。茜さんは、広告写真の自分は「普段の格好と変わらない」と反論したのだが、殺到する批判の火に油を注ぐだけだった。批判の中には、次のような心ない内容のものもあった。

「今は手術で胸を小さくすることだって出来るのにそうしないのは性を売り物にしてるってことでしょ そんなこともしないくせに何が『普段プライベートで生きている時と同じ』だ ふざるけるな」(原文ママ)

「フェミニズムとフェミニストって知っていますか」

 こうした極端な意見に、茜さんは自身の気持ちを漫画で表現することにした。一連の炎上事件の経緯や、その中で感じた気持ち、最近のネット上での議論のあり方に対して次のように描き、Twitterの公式アカウント上で公開した。

関連記事